◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 万願寺、モネガスク、カイユ@「ヴィ・ザ・ヴィ」 | トップページ | ■ ジュレ、氷、冷たい料理 »

2010年8月17日 (火)

■ 「ばらの木」で、ミルクとクリームについて学ぶ


1■ いやー、たった1時間で、目からウロコが500枚くらい落ちた勉強会でした。京都髙島屋2階のティーサロン「ばらの木」で本日午前中に開かれた、ミルクとクリームについての講習会・・・正式には 紅茶と自家製スコーンと楽しむティータイム というイヴェントでした。北海道の十勝しんむら牧場 4代目オーナーの新村浩隆さんのお話を伺い、試飲と試食をしたのです。
2●まずはミルクの飲み較べです。カップに入ったのが十勝しんむら牧場の牛乳(65℃の低温殺菌を30分のノンホモジナイズド牛乳)と、グラスが市販されている牛乳(130℃で2秒のホモジナイズド牛乳)。飲み較べたら・・・香り、味わい、余韻、もう激しく違うのよ。十勝しんむら牧場の牛乳の方が歴然というか、圧倒的においしいわけ。同じ牛乳のはずだけど別物。いやになってしまいました。今までの人生で摂取していた牛乳は何だったのか~? \(゜o゜)/
3●ではそれぞれの牛乳を紅茶と合わせて試してみます。これもまた、十勝しんむら牧場の牛乳と合わせたものの方が明らかに紅茶の香味が際立ち、それでいて余韻は優しく、はるかに上だったわけです。対比のコントラストのために、わざとおいしくない牛乳選んできたんか~  ?と思ったくらい(笑)。でも、いつも飲んでいる牛乳の味なのですね、間違いなく。
4●そしてこちらは、クロテッドクリームの食べ較べです。手前から十勝しんむら牧場のクリーム、N社さまのクリーム、ダブルデヴォンクリーム(イギリスからの輸入品)。「ばらの木」自家製のスコーンにつけて食べてみたら、やっぱりそれぞれ違ったのです。クロテッドクリームの味の違いはもとになるミルクの違い、ミルクの違いは、牛が暮らす環境、土壌、そこから生える草(牛が食べる)によるものだというお話・・・他もたくさん教えていただきました。クロテッドクリームはちょうど生クリームとバターの間ほどの脂肪分。スコーンに限らず、オムレツに使ってもいいしトーストしないパンにも自然にのびて使えるしで、とても便利なものと伺いました。
5●十勝しんむら牧場 4代目当主、新村浩隆さんです。昭和8年創業の昔ながらの牧場から、10年ほど前に乳製品やオリジナル商品を開発・販売される今の形になさった方です。弁舌さわやか~、お話上手でした。
6●そしてこれも看板商品、ミルクジャムです。プレーン、シナモン、ジャワティと3種類、これらは「ばらの木」で普段から扱われています。ミルクを煮詰めて作るミルクジャム、(正確にはジャムではなくて濃いクリームですが、)スコーンはもちろんパンにもよく合います。何もなくてもスプーンですくってはなめて、うっとり優しく甘い味を楽しんでしまいます。それが止まらん(*_*) たっぷり糖分と脂肪摂取~♪ ・・・でもダイエットは明日からしましょう。毎日明日からダイエット~!
■ ちょうど1時間、すてきなイヴェントでした。おみやげに「ばらの木」のスコーンにいちごのコンフィチュール、そして十勝しんむら牧場のミルクジャムひと瓶が用意されていて、すごくうれしかったです。楽しいイヴェントありがとうございました。<(_ _)>
「ばらの木」
京都髙島屋 2階 電話 075-213-3891
10:00~19:30

************************************************************
(2010-08-17)

2010年8月 17日, dans 京都 サロン・ド・テ |