◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 丹波牛を堪能できるランチ@「いづつ家」、明日から! | トップページ | ■ 祇園で和もの/ケアいろいろ »

2010年8月10日 (火)

■ 祇園「たまりや」の新しいコース


1■ 祇園・縄手通の「たまりや」さんで、6月1日から料理長が交代されたということで、コースの試食をさせていただきました。もともと父上が魚屋さんでいらっしゃる遠藤功太くんが20歳そこそこでえらい勢いで魚をさばき、かなりな種類の魚料理を揃えた料理屋さんでした。ぱーっと明るくて、わたしかなり好きだったのです。気ままに一品をお願いできて気楽でお値段控えめでなかなかにおいしくて。その遠藤くんが東京に行っちゃったということで、旅館などでの修業が長い、三ッ林 学さんが就任なさいました。以前より野菜も増やし、おばんざいメニューも選べるようにして、お品書きの内容を変えられたようです。けれど、以前と同様、魚は遠藤さんのところから毎日仕入れていらっしゃって、クオリティは変わらずということで・・・常連の方々はうれしいですよね。まずはコースをいただいてみるということで、以下、わりと最近のある夜のおまかせコース6300円です。(照明直下のギラギラ写真ごめんね<(_ _)>) ●ジュレ寄せの先付には、送り火の季節ということで「大」がにんじんで描かれています。枝豆、とうもろこし、葛打ちした鱧。まわりはモロヘイヤです。
2_23●南瓜すり流し。中に白玉と蒸しあわび。
4 お造り。さざえ、鯛、鱧焼霜、うに、よこわ、しまあじ。
5●お椀。鱧しんじょう、松茸、冬瓜、柚子。
6●焼きものが、びわます塩焼き、すずき山椒油焼き。トマトのワイン煮。
7●焚き合わせ(冷製)が、賀茂茄子、鴨ロース、玉ねぎ、万願寺とうがらし、赤パプリカ。
8●いちじくのごまあんかけ。
9●とうもろこしご飯、赤だし、中におぼろ豆腐。お漬物。
10●メロン、トマトのジュレ、わらび餅。
●三ッ林 学さんは1974年生まれ、下呂温泉、その後京都「柊家旅館」で各4年ほど、その後は祇園・花見小路の「花郷」で3年ほど修業をなさったという方です。中でのお仕事だったので、カウンターに立って仕事をすることが目標だったのだそうです。お客さまと話すのがお好きみたいだから今回ぴったりでよかったですね。お料理の方は全部おひとりでやっていらして、だからコースも一品も両方というのはすごいお仕事量だろうと思います。わたし自身は、和食激戦のこの界隈とかお店の雰囲気を思えば、こちらではやはり一品に真価があるのではないかしらん~、と思うので、また一品料理あれこれをいただきに伺おうと思います。それにわたし、何より女将でオーナーのふみえさん=今井文恵さんがすてきで大好きなのです。だからまた行っちゃうわ♪
************************************************************
「たまりや」 電話 075-541-5670
京都市東山区祇園縄手新橋西側 SPACEしんばし2F
18:00~23:00LO 日曜、祝日休み
(2010年8月15~18日は夏休みです。)
カウンター10席、小上がり8席(畳に、椅子席◎)
禁煙席なしなので、たばこがダメな人は煙状況に注意
予約が望ましい。
コース6300円~、一品ならひと通り食べておよそ数千円くらい
2005年1月開店
************************************************************
(2010-08-10)

2010年8月 10日, dans 京都 和食10後半 |