◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 朝日カルチャーセンター講座@「祇園さヽ木」 | トップページ | ■ 四つ葉/カメラの話/なくなるホテル/予告 »

2010年8月25日 (水)

■ NHK文化センター講座@「京都和久傳」


■  NHK文化センター 京都教室 のわたしの講座「京都 美味案内」、第3金曜講座は先週の金曜のお昼、「京都和久傳」でやらせていただきました。この講座の3日前にひっそりお昼をいただきに伺い、「もうれつ大丈夫☆☆☆」だったので、安心して出かけて行きました。以下8000円で組んでいただいたコースです。まず水出しの煎茶、そして青竹入りの食前酒を一杯いただいた後、先附のお皿です。
1●戻り鰹、水玉胡瓜、茗荷、生姜、すだち。大葉の後ろに玉ねぎスライスしたの。
2●お椀が、鰻の筒焼き、白髪ねぎ。丸仕立て・・・すっぽんのおだしに、見えないけれど玄米餅も入っています。うなぎ、あまり食べないけれど、これはOKという人多数でした。すっといただけた、けれど旨みしっかりのスタミナ椀でした。
3●鮎の炭火焼き、蓼酢と。ばりっと焼けた鮎、やっぱり夏の和食のコースでは、これ予定調和の幸せと思います。ひと夏100鮎でも200鮎でも食べますわたし。
4●強肴として牛肉のロースト、山椒醤油。これ強烈でした。牛肉に合わせたのが松茸、万願寺とうがらし、そしてフリットにした巨峰。強いものどうしかけ合わせて、酸味にぶどう、それも揚げてあって驚かせました。粉2種類つけて揚げたぶどうは意外なおいしさでした。掛け算でびっくりのお皿でした。
5●強いお皿の後、ひんやりしたものです。冷たいあん、うにジュレのかかった辛子湯葉です。花穂紫蘇がはらはらとかけられ、彩りと香りを添えます。
6●また掛け算でどうだ~なお皿で、鱧に賀茂茄子、三つ葉もはっきり香味を主張するほどたっぷり、そして干し椎茸のあん。旨み旨み香り香りと、どどどと来て、でもバランスがよくておいしい。7_2
●これはお茶漬けです。何のお茶漬けなのか?? いつもの鯛のお寿司と2種類の中から選べたのです。
14_2●こんな感じで記されてありました。
9●へしこのお茶漬けなのです。へしこ。なのにこれを「ヘレン茶漬け」と読んだ人続出で、それでひと時大笑いとなってしまって、この日はへしこがヘレンでした。でもこのお茶漬け非常においしかったのです。
10●アヴァンデセールという感じでフルーツ、いちじくにワインジュレ。
11_212_2●いつもの「西湖」にきな粉をかけたれんこん餅。(天井の照明映り込みごめん<(_ _)>)同時にお抹茶をいただき、
13●「和久傳」社長の桑村綾さん登場で、綾さんから「希水」(西湖の透明版という感じの美しいお菓子)をいただきました。きれいですてきな綾さんにおいでいただいて、またぱーっと場が明るくなりました。お会いできてうれしかったです。
●そして料理長の馬場一彰さん、よくできる方だと思います。間違いなく「和久傳」のお料理だけど、とても馬場さんの色が出ていると思うのです。駅直結の伊勢丹の上で55席が何回転もしながら、決して流れ作業と思わせない、びしびしと決まったお皿がきっちり出てくるのがすごいです。みんな注目よ☆ お世話になりまして、ありがとうございました。そして受講生の皆さまにも御礼です。また来月。
************************************************************
「京都和久傳」 ジェイアール京都伊勢丹11階
電話 075-365-1000
11:00~14:30LO、17:00~21:00LO 不定休
予約が望ましい カウンターやテーブルで全55席 全席禁煙◎
昼2625円~、夜5250円~
************************************************************
(2010-08-25)

2010年8月 25日, dans ●NHK講座京都 和食10後半 |