◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 祇園祭のカード@「ギャラリー遊形」 | トップページ | ■ VOGUE.talk Style Blog ご覧ください。 »

2010年7月 7日 (水)

★ 遠い海の塩を2種類


1■ 甘いものの話が続いたので、塩のご紹介をしてみます~。2種類ありまして、まずはサランオキ・・・隠岐の塩です。まゆまゆ=京の料理研究家・小宮真由ちゃんがたいそうお奨めということで知ったものです。
この塩を作る田中浩司さんが少し前京都においでになった時、真由ちゃんの紹介でお目にかかったのです。いかにも真面目そうな青年で、なんと学業なかばで塩作りに目覚め、東大大学院を出てから隠岐へ移り住んだという人でした。今は「ふるさと海士 塩事業部 海士御塩司所」というところに勤められ、塩作りに人生を賭けていらっしゃいます。おいしいと言われるさまざまな塩がありますが、これは適度な大きさの粒感が心地よく、そして口で溶けた後にふわりと広がるまろやかさがすてきです。非常に後味がいいのです。あまり家で料理をしないわりに、わたしはたくさんの種類の塩を持っていたりするのですが、これは最近本当においしいと思ったもののひとつです。
「ふるさと海士(あま)」
http://www.ama-cas.com
************************************************************
2■ こちらは先ごろ久米島に行っていらした方のおみやげで、「白銀の塩」といいます。厳選特上! 銀色のパッケージはとても涼しい感じです。土釜製塩法で作られた稀少な塩だそうです。風味明確、スキーっとしています。すてきなヴァカンス=ダイビングの話も伺い、海もいいな~と思いました。とーいところでわたしにおみやげを考えてくださってありがとうでした~♪
************************************************************
(2010-07-07)

2010年7月 7日, dans ★すてきなおみやげ |