◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 室町通で四つ葉♪ | トップページ | ■ 丹波牛のハンバーグランチ☆☆☆  @「いづつ家」 »

2010年7月 9日 (金)

■ 貸切食事会@「じき 宮ざわ」 2010年7月


1a「じき 宮ざわ」さん行きたーい! の声多数にて、7月のエリー会はこちらに決定~♪  エリー会とは幹事をまゆまゆ=小宮真由ちゃんがやってくれる、不定期開催、参加者固定させずの全く自由なお集まりです。主な活動は、「一緒に食べる」です(笑)。今週の前半に開催、開始時間の19時前にはばしーと全員揃ってカウンター前に着席しました。あけみさん、あつこさん、ちかこさん、まさみさん、みえさん、ももこさん、Mちゃん、(ここまで50音順) そしてまゆまゆにエリー(わたし)・・・と全員女性・・・ここにひとりまぎれ込んだ男性はすぎーちゃんという人でしたね~。女性陣に挟まれて、いつもと違ってとてもおとなしかったね。猫10匹くらいかぶってた?(´▽`) (´▽`) 以下、夜のコース12600円(飲み物別)です。
●お酒「抱腹絶倒」をひと口食前酒にいただいた後に、帆立の酒煮、積丹の無添加のうに、白ずいき 紫蘇酢かけ。脚付の葉皿は山水画が描かれており、中国の明時代のものと。
12a●「葉皿」・・・葉の形の全体はこんなです。
2a●鱧とれんこん餅と白瓜のお椀。れんこん餅香ばしく、おだしはおいし♪
3a●明石の鯛のお造り。醤油と、藻塩が添えられます。鯛の色と絶妙に合った色のお皿は南京赤絵=中国の明~清時代のものとのこと。鯛の、少し置いて熟成した感じがほどよくて美味でした。
4a●焼き胡麻豆腐。この日も定番の胡麻責めです~(笑)ほんのり甘くて熱くて一心にいただいてしまいます。
5a●梶の葉に飾られて八寸が登場。梶(かじ)は、七夕にちなんだ葉であると学びました。
6a●○グラス(ドームのアンティーク)に、酢取り新れんこんのスモークサーモン巻き、新さつま芋のレモン煮、焼き椎茸、飛子。○稚鮎の風干し寿司、○とうもろこしのかき揚げ、○天が峯という豆。彩りも味の組み合わせもバランスがよかったです。
7a●うなぎと冬瓜の玉締め。お椀は清時代の中国のもの。
8a●持ち上げたらこんな。たまご部分はなめらかで、いたわられるように優しい味です。
9a●冷製の焚き合わせ。賀茂茄子(一度揚げてある)、いちじく赤ワイン煮、もろみ漬の鷹ケ峯とうがらし、新小芋、揚げ粟麩。ひんやり冷たくて、お料理の締めくくりにいい感じでした。
10a●お漬物がたっぷりと供されて、ご飯を待つばかりです。
11a●また盛り上がる白ご飯、炊き立てフレッシュ状態でひと口。
12a_2●少し蒸らされたもの。お味噌汁と。本当においしい白ご飯です。際限なく食べたいと思います。
13a●食後に、さくらんぼとマンゴー
14a●お抹茶ともなかでごちそうさまでございました<(_ _)><(_ _)> おいしかったので、コースがすすむほどに賑やかになっちゃいました。ありがとう宮澤さん、スタッフの皆さま。そして参加者の皆さま、今回もありがとうございました☆☆☆  幸せな夕食でした。またやりましょ♪
************************************************************
「じき 宮ざわ」 電話 075-213-1326
京都市中京区堺町通四条上ル東側 八百屋町553-1
12:00~13:45入店、17:30~20:00入店 木曜、第1水曜休み
カウンター10席 全席禁煙◎ 要予約
2007年12月開店
************************************************************
アップありがとう:
************************************************************
(2010-07-09)

2010年7月 9日, dans 京都 和食10後半 |