◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 夜中にめらめら肉食、たまに爽やか冷やし麺 | トップページ | ■ 日曜あれこれ レンズ/パン »

2010年6月13日 (日)

■ 「京料理 修伯」6月上旬のコース


1_3先日イヴェントのお知らせをしました「京料理 修伯」さんのお料理です。以下1週間前のお昼にうかがったのですが、出していただいたものは夜コース(15000円)の何皿かをパスして、少し軽くしたヴァージョンです。とはいっても非常な充実感で、ほんとほんと、伺うたびおいしくなっていますし、だからいつも満席だし、吉田修久さんイケてます☆☆☆
●ひと皿めは、野菜盛り合わせと野菜だしのスープ。
そら豆、白瓜、スナップえんどう、壬生菜、春キャベツ、水茄子、はす芋、ヤングコーン。上にふわふわと載っているのがヤングコーンのひげ。添えられたスープはこのまますっと飲むのですが、トマトなど野菜から取ったもの。(かつおだしと合わされています。)
2_4●裏側から。たくさん野菜が仕込まれいます。野菜のおいしさ鮮烈で、これは感動的なお皿でした。
3_2●下津井の蛸の柔らか煮、葉わさびの佃煮と。
4_3●お椀は、鱧と冬瓜。とろっと葛仕立てで湯気もうもうで登場しました。非常に美味でした。
5_2●いつもの華麗なお造りです。ひとつひとつ食べ進むのが楽しいです。上の左→右で、
○うに2種類、九州・唐津のうに、舞鶴のうに。塩水漬け。
○長崎の太刀魚。辛子おろしで。
○穴子寿司。
○和歌山の天然本まぐろ。醤油味。
○淡路の鯛の昆布〆、煎り酒で。
○きす、このこ入りのだし醤油で。
○長崎の剣先いか。オーストラリアのピンクソルト、すだちとわさびで。
○三重の小柱の青海苔和え、上から土佐酢ジュレ。
6●鮎の骨抜き焼きのお寿司、ヴィネガーでマリネしたすいかと。
7_2●牛タンと水菜の炊いたの、スープもたっぷり。
8●ご飯、えのきの赤だし、お漬物。
9●お漬物には鱧を炊いたものも添えられます。
10●「お好きなものをお好きなだけ」のデセール。
おしるこに抹茶ソルベ/焼酎アイスクリーム入りもなか/ラズベリーソースのミルフイユ/葛餅にみりんアイスクリーム/アメリカンチェリーとルバーブのグラタン/アールグレイのソルベ・・・などの中から選べます。
11●バナナムースの水無月。
12_2●やわやわのバナナのムースに小豆がよく合う・・・
13●カモミーユ茶のシロップ漬けにされたフルーツ(キウイ、いちご、日向夏)
14●「京料理 修伯」
京都のデータより、銀座の情報を掲載します。
ぜひ17日から3日間のみ開催の、フレンチとのコラボレーション・・・銀座の華やかなイヴェントに~♪
************************************************************
Les Rendez-vous culinaires japonais
ランデヴー ~日本料理名店との饗宴~
第1回 京都「京料理 修伯」吉田修久さん 6月17日(木)~19日(土)
(第2回は8月「心斎橋 桝田」さん、第3回は10月「祇園さヽ木」さん。)
デジュネ 11:30~14:30LO 17000円
ディネ  18:00~21:30LO 28000円
いずれも税込み・サ別、飲み物代別
東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング10階
************************************************************
(2010-06-13)

2010年6月 13日, dans 京都 和食10前半 |