◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「ぶっとびスープ」@「老香港酒家京都」 | トップページ | ■ クロネコヤマトのステッカー/四つ葉♪ »

2010年4月23日 (金)

■ 目の覚める思い、「パティスリー S」の焼き菓子


5「パティスリー S」でいただけるのは、ぱーっと、目の覚めるような思いをする焼き菓子なのです。先日VOGUE.COM で新商品であるスコーンのご紹介をしましたが、同時に取材させていただいた焼き菓子のいくつかです。まずはムラング カルダモン 450円。ムラング Meringue=メレンゲですね。カルダモンの香りを、よくここまで閉じ込めることに成功したなあと驚きました。パフっとした食感の後に、ふわああああああ~とカルダモンが香ります。
6●こちらはムラング ロマラン 450円。 ロマラン Romarin=ローズマリーです。こちらはまたカルダモンとは違う製法・違う食感で、ローズマリーが鮮やかに香り立ちます。真っ白できれい、香りで目の覚めるムラングです。
7●粉糖がかかって白いマドレーヌ=パン・ドゥ・ジェーヌがアニス 200円で、アーモンドプードルたっぷりでアニスの香りがたまらない魅力です。奥がフィナンシエで、ミエル(蜂蜜)風味、200円。どちらも圧倒的においしいものでした。
8_2●シトロン 280円。イタリア産の、リモンチェロを作るレモンが使われており、鮮烈なレモンの風味が心地いいです。これは名作。奥に見えているのが栗とラム酒のマドレーヌ 230円。栗の香味とラム酒たっぷりの贅沢さでシックな味です。
9●そして生菓子のショーケースはこんな。午後の、そんなに遅くない時間に伺ったのにもう品切れ気味? 人気を物語りますね。
いやもう、何を食べても素材のよさがダイレクトに感じられて、おいしいことです。
フランス語表記をきちんとしているのもわたしはうれしいです。
フランス料理、フランス菓子に関わる皆さん、正しいフランス語の表記・発音をいたしましょう。おかしな表記を見るたびわたしはのたうつのです。
ミルフィーユとかブーランジェリーとか、いい加減やめましょうね~
正しくは、ミルフイユブランジュリーブーランジュリー です。(音引き(ー)はあってもなくてもいいと思います。) どうかどうか、お願いいたします。<(_ _)>
************************************************************
(2010-04-23掲載)

2010年4月 23日, dans 京都 スイーツ |