◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ VOGUE.COM 4月13日付 これは何? | トップページ | ■ 銀閣寺道で四つ葉タクシー »

2010年4月13日 (火)

■ 朝日カルチャーセンター講座@「山玄茶」


1朝日カルチャーセンターでも4月からわたしの食べ歩き講座=「京都美味探訪」を開催していただけることになり、とても喜んでいます。(月1回・第2木曜です。)わたしのサイトの読者でいてくださって今回企画してくださった担当者の方、開講を許してくださった朝日カルチャーセンターさま、ありがとうございます。<(_ _)> NHKの方でも昨秋来やらせていただいているので、どのように差異をつけるか考えて・・・こちらはぐっと少人数、小ぢんまりした割烹のカウンターにも入れる人数ということで(それでも伺えないところもありますが)、10名、普通ひとりでは行かない夜のコースということにいたしました。第一回目は季節感美しく、料亭のエスプリを割烹のスタイルで気軽に楽しめるお店ということで、「山玄茶」さんでスタートしました。以下15000円で、夜のコースです。
2a3a●まず桜湯でいらっしゃいませともてなされ、●先付が、雲丹豆腐(隠岐のうに)、一寸豆、水前寺のり、ふり柚子。煮凝りがとろっとかけられていて、桜の花びらがあしらわれています。
4a●煮物椀が、あぶらめ葛たたき、ぜんまい湯葉巻き、山城の筍の焼き目、にんじん、かたくりの葉、木の芽、花うど。お椀でも土瓶蒸しでも、具材はたっぷりにと、ご主人の増田さんはいつもおっしゃいます。
5a●お造りが、明石の鯛の昆布〆、もんごいか、しまあじ、とり貝、下津井の蛸の湯引き、金沢のばい貝、ばい貝の肝、まぐろ中とろ、防風、わさびの葉、桜草の花。醤油、塩、梅肉添え。こちらもこんなに多種類を盛り込んでくださいました。
6a●「梅肉にわさびを溶いてこうやって食べるとおいしいですよ」という風に、親切な指導付きです。ジャストな食べ方ってやっぱりあるのだと、食べてみたらわかります。わたし自身は結構何にでも塩だけでいただくことが多いです。できるだけ本来の香りを~と思うのです。
7a●おしのぎに、近江牛肉治部煮のにぎり寿司、芽ねぎ。寿司ご飯に焼き目。これもこちらのスペシャリテでしたよね。わたしは自然光で撮りたいの一心でお昼にばかり訪ねていますので、このお皿はちょっと久しぶりでした。ひと口でとろりんとした牛肉と寿司めしをいただくのですよ~。うるうる。
8a●焼物が、鱒の塩焼き花山椒と。きゃらぶき=山ぶき旨煮。うーんおいしいおいしい。飲み物別途・・・のはずだったのに、サーヴィスでふるまってくださった「鈴正宗」を少しいただきます。ウマウマ。
9a●八寸は春のお花見気分を盛り上げるように供されました。桜の花びらが散っているでしょ? カウンターの上が春そのものです。
10b●増田さんが「花さか爺さん」といって桜の花びらをまかれたのです。なんて楽しい演出。どこで桜を取って来たかは秘密だって(笑)
11a●八寸です。①串団子:スナップえんどう、海老、とこぶし、赤こんにゃく。②ぼんぼり形のうつわから時計回りに、きゅうりと大徳寺麩の胡麻和。松の実。③鯛の白子の酒蒸し、ちり酢和え④サーモンクリームチーズ巻き、ほたるいか、シュガートマト。下に黄身酢。ゆっくりたっぷり楽しみました。
12a●強肴に、貝を器に使って、小鍋仕立ての品です。
13a●くつくつと沸いてきて、いい香りが立ちのぼります。根室のほたて貝、伊勢海老、筍、わかめ。「スープがめちゃくちゃおいしいから」と増田さんは笑いながらおっしゃった。ほんとでした。何事かと思うくらい旨みが深かったです。
14a●添えられたのは「山玄茶」のために作られる吉田さんのブリオッシュ。最後貝のスープの中に浸していただきます。バターの風味が豊かに溶け出して、有無を言わさぬおいしさとなりました。
15a_2●酢の物ですっきりします。少しクールダウン。とろとろのわかめにはまぐりの生姜酢。
16●最後に胡麻豆腐。焼き目をつけたふかひれ、炊いたふき。とろりとあんかけ仕立てです。
17a2●ご飯が炊けて、ほわほわと湯気が立つ土鍋がカウンターの全員にプレゼンされました。
18a●ここからまたひと盛り上がりの白ご飯。シンプルに塩、その後お漬物やおじゃこ、最後お茶漬けという具体に、だいたい3膳くらいいただいたと思います。
19a●八丁味噌のうすたれのお味噌汁はしじみ入りです。
20a●小夏のジュレ。いちご(あまおう)、上からワインのジュレ。
21a●桜餅をいただき、ごちそうさまでございました。<(_ _)> いやもう昼からフルにお料理いただいて桃源郷というくらい堪能いたしました。おいしいって声が何度も聞こえてきたから、皆さんもお気に召していただけた・・・と思っています。受講生の皆さまは感じのいい方ばかりでした。以前にわたしのイヴェントにおいでくださった方、名古屋からの方・・・うれしいことの連続でした。皆さまにも、「山玄茶」さまにも、感謝いたします。<(_ _)>
************************************************************
(2010-04-13掲載)

2010年4月 13日, dans ●朝日カルチャーセンター, 京都 和食10前半 |