◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ VOGUE.COM 30日付アップしました。 | トップページ | ■ おでん その② 夜 「蛸長」 »

2010年3月30日 (火)

■ おでん その① 昼 「おいと」


1■ 寒すぎる毎日、おでん食べたいじゃないの♪ 色は地味だけど、湯気湯気の熱々です。お昼の「おいと」さん@祇園へ、15年ぶりくらいに伺いました。先日のある日まず3名で伺い、それがあまりにあまりにあまりにおいしくて忘れ難く、2日後にひとりで飛び込み再び。先付の後、ひとり5品を選択、その後ご飯とお漬物付で3150円。3名で伺った時:ロールキャベツ/厚揚げ/糸こんにゃく/牛筋肉煮込みと大根といただきました。どれもが大ぶりでたっぷり感がありポカポカに温まりました。写真は2度目に伺った時のものです。角こんにゃくと豆腐
2塚原の筍! これものたうちおいしかったです。おだしがすっかりしみて味はしっかり。食感も甘も思い出しただけで舌なめずりしちゃうくらい。ひたひたのおだしも、全飲み状態でいただきました。
3牛筋肉煮込み、大根。これはマストのお皿です。じゅわじゅわの肉に大ぶりだが柔らかい大根、これもまた、生涯最後の一皿になってもいいというくらいからだに染み渡るおいしさで、神さまありがとうというくらい幸せな味でした。シンプルなものでもここまで感動させられるかという例です。もちろん割烹ならではの技で作られてこその、この格別のおいしさと思うのですが。で、ただいま3度め伺うことを計画中です。<(_ _)>
************************************************************
(2010-03-30掲載)

2010年3月 30日, dans 京都 和食10前半 |