◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 昨日のこといろいろ/ネーゼでスフレ | トップページ | ■ 久しぶりの「御幸町つばき」でおまかせ満足の夕食 »

2010年1月21日 (木)

■ 初出のパティスリ、「PATISSERIE S」


1a■ お待たせいたしました。イヴェント速報が続いたので、予告よりアップが遅くなりましたが、高辻通室町西入ルに昨年オープンした「パティスリ・S」です。いやもう久しぶりに大感動のパティスリ新店で、こちらは本当に激しくおすすめです。
2a●黒いのがイオリちゃん=スイーツ王子・・・ではなくて、甘い魔法使いなのだとメールで訂正されました。(「空想カフェX」)彼がこの日わたしと、すごいお菓子好きの友人M ちゃんを案内してくれたのです。コックコートの方が店主でパティシエである中元修平さんです。ホテルなどで修業なさって、東京にもいらしたみたい。あまり明らかになさらないのですが、HPをよーく拝見すると、こんな一文がありましたね~:「最後に、世界で一つだけのお菓子を日々創りだされる杉野英実氏に心からの感謝と御礼を。」
3a●まさにその言葉通り、杉野さんを彷彿させるお菓子がもう明確に並んでいます。甘い魔法使い・イオリちゃんのおすすめに従い、それから看板商品とかシェフのおすすめとか、さらにいくつかは強く所望もしたけれど、まずざっと4種類選びました。
4a5a●全部お店の表示の札もつけていきます。「カノン」、オープン時からあるものだそうで、ほのかな酸味を楽しむムースです。 6a
7a_2●「オーブ」、ショコラの香味にオレンジの風味・・・これお見事でした。わたし上にのったフランボワーズは食べなかったけれど。(この記事だけ初めてご覧になる方のために、誤解なきように説明すると、このお店のフランボワーズが悪いのではなくて、わたし自身の、ショコラとフランボワーズの組み合わせだけは許せないという独自の好みのためです。)
8a9a●「ポミエ」りんごの香り、甘さ、酸味を十全に堪能できる、完成度の高いものです。洋酒が効いて、すごく粋です。これ食べている間は、この世にこれしかないって思うくらいおいしかった。
10a11a●「ココット キャラメル」 これもショコラ好きにはたまらん味と香り、なめらかな食感というより触感もまた、限りなく甘やかされているようで、うっとりしました。ちなみにつづりは cocotte 、最後 e だからね~♪
12a13a●そして・・・言葉に従ってみたのです、なんでも試さねばわからんもんだから。イオリちゃんが「この人はショコラ×フランボワーズはダメ」と伝えてくれたにもかかわらず、「それは本当にいいショコラとフランボワーズのお菓子を食べたことがないからだ」とシェフはおっしゃって・・・これをすすめられたのです。なんとダイレクトに「ショコラ フランボワーズ」。もしかしたら、本当におっしゃる通りなのかもしれないって小片を口に入れてみたのだけれど・・・倒れそうにダメでした。上にのっているだけではなく、念入りにも、全体にフランボワーズが混ぜ込まれているのよ。これはもう、わたしはじぇったいダメ。ごめん。<(_ _)> もう2度と人生でこの組み合わせ食べないです。ほんとごめん。<(_ _)>けれど、これを好きな方もいらっしゃるはずです。だからわたしの発言は気にしないで。でもあわわ。(*_*)
14a15a_2●「ムラング グロゼイユ」 これはムラング=メレンゲの食感を楽しむものです。なかなかおいし。
16a17a_2●「タルトキャラメルオランジュ」、わたしは「ポミエ」と並んでこれに心を奪われました。ものすごく好き。オランジュを焼いてあって、味と香りが凝縮、強い風味となっています。下にカラメルのクレームが仕込まれていて、カラメルの強い香味とオランジュが絶妙に響き合うのです。それを上の白いクレームがまろやかにアテニュエ=緩和するって感じね。もうれつおいしかった。ここでやっとこさ、さっきのフランボワーズのショック(笑)から立ち直れました。
18a●以上店内でいただいたのは7種類でしたが、コンフィチュールがたくさん揃っているし、
19a●焼き菓子のおいしさも特筆ものです。ジャンジャンブル=生姜があったり、レザンがあったり。他にオランジュのものもあり、すごく香りがよくておいしい。以前いただいて食べたことがあったのです。
21a●普通と違う食感のマドレーヌも必食です。他にマロングラッセも、わたしは普段そんなに要らんと思うのですが、ここのはものすごくやわらかで、お酒たっぷりで、ふわあああああと香り立って、圧倒的においしい! 生菓子を食べた後、焼き菓子いくつかにショコラのサブレやらアマンドのカフェ風味やらいろいろ買って、最後に、忘れがたい生菓子、「ポミエ」と「タルトキャラメルオランジュ」をやっぱり買いました。このおいしさ、これはちょっと、せっかくだから食べてもらいたいと思う人もいて。一緒に食べたイオリちゃん、Mちゃん、ほんと楽しかった。ありがとう☆
22「PATISSERIE S」パティスリー・S
京都市下京区高辻通室町西入ル繁盛町300-1 
カノン室町四条1F
電話 075-361-5521 
11:30~19:30 木曜・第3水曜休み
************************************************************
(2010-01-21掲載)

2010年1月 21日, dans 京都 スイーツ |