◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 年末分急ぎで・・・その② 「ジォカトーリ」 | トップページ | ■ (割り込み記事)「SOU・SOUしつらい」の2010年1月 »

2010年1月 7日 (木)

■ お正月の割烹その① 「じき 宮ざわ」 2010年


1a■ お正月中に伺った割烹・・・1月4日までにいただいた和食2軒を急ぎアップします。順番は前後しますが、まず「じき 宮ざわ」さんのお昼(5250円)です。これはコース中いちばん盛り上がった黒豆湯葉の豆乳鍋。湯葉がたっぷりでおいしい~! この湯葉じたいは、どこかで食べた覚えがあるぞ~♪ (「はしたて」さんで、持ち帰りご飯のひとつとしてありましたよね? )
2a●まずは「抱腹絶倒」をひと口いただきます。先付はお正月らしい盛り込みで、ごまめ、黒豆、車海老酒煮、ちょろぎ甘酢漬。
3a●海老の後ろに子持ち昆布、菜の花土佐酢かけ。 まな板正面というよいお席ながら、ライト直下で、写真がちょっとギラギラになっちゃって・・・フォトショップで「ハイライトを下げる」とか「中間色のコントラストを下げる」とかいろいろやったんだけど。<(_ _)>
4a白味噌のお椀。中に大きな丸餅入り。白味噌汁というだけでしみじみうれしいです。フランス人のわたしでも(笑)お正月中は朝起きたら毎朝白味噌汁なのに、(ちなみにそれ以外は全く日常と変わらず、)それでもうれしいです。京都の気分満喫♪
5aお造りはきはだまぐろ。土佐醤油葛寄せ、鬼おろし大根。鬼おろしはざくざくとした口あたりで楽しいです。
6a●いつもの胡麻責め♪ 焼き胡麻豆腐。とろりんと甘い胡麻だれに柔らかな口当たり、すごく元気になる気がします。
7a●冒頭に出した黒豆湯葉の豆乳鍋。中に焼き穴子、水菜、ごぼう。豆乳の風味を楽しみつつ、ぽかぽかに暖まりました。この後、(ちょっと写真省略でごめんなさい<(_ _)>)
土鍋で炊きたてのご飯。アルデンテ状態の1膳めとふっくらした2膳めをいただき、
●いつも通り、たっぷりのお漬物 ●茗荷入りのお味噌汁
8aフルーツ2種盛りで、オレンジといちご(デコポン/熊本の日のしずく)。
9aもなかと抹茶を出していただき、幸せに食事は終わります。立ち姿も美しい宮澤政人さん、いいですね~。頭のよさとかセンスのよさは、やはりわかりやすく表れるものだとわたしは日ごろから思っていて、美しい方はやっぱりよいです。●この日のお昼は、東京から戻って来ていた淳ちゃんと一緒に。変わらず明るいし幸せそうだし、その後大丸に一緒にお買い物に行って赤いお鍋を買ったりして、ひどく楽しい午後でした。全部サイコー♪
************************************************************
(2010-01-07掲載)

2010年1月 7日, dans 京都 和食10前半 |