◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ ノエルあちこち、いろいろ | トップページ | ■ アメリカ風情のイタリアン、「ザ・ハウス オブ ハタ」 »

2009年12月28日 (月)

■ 年末いろいろ/「食堂おがわ」


■ 年末でやること多い・・・けれど、お正月も日頃と変わらないペースだし、印刷した年賀状が届くのは本当にギリギリ押し迫ってのことだし(だって撮影したのが23日(-_-;))まあゆっくりやります。年明けてから出してもいいのよ。一応松の内に届けば~。今年は「新年おめでとう」的な言葉は入れず、単にMeilleurs Voeux 2010 とだけ。これで喪中のおはがきをいただいた方にも等しくお出ししちゃおうという魂胆で、そのわりにはいつも通り、画像はマッカなお花なのだけど~(-_-;) 
■ われらがハリー中西せんせ、カメラマンになられて25周年記念ということで、まずはおめでとうございます<(_ _)> 昨日2次会の「K6」に伺い、しかしもう何も見えないくらいのケムケムのもうもうで、わたしは息ができないし、目も開けてられませーん。あり得ないぢごく状態よ。天才カメラマンせんせ、いかにもうれしそうにわたしに向かっていわく、「今日はタバコの会。」だと。(-_-;) 予測された事態だったので初めから座るつもりはなく、お祝いのお花だけ渡してスタコラと逃げてきました。けれどお花はゴージャスだったのよ♪ もちろんいつもの「フローリストショップ プーゼ」で、美奈ちゃんも一緒に出かけたのです。美奈ちゃんには「お花大好き、ありがとう」なんてかわいいこと言ったらしいですが。<`ヘ´> すごいイケズだけど、まあ写真は美しいんだわ。人の風情と仕事の驚くべき上質さが全く合ってない。写真はほんと神がかり的に美しい。けれど「神がかり」なんて言うと、憮然としておっしゃいます。「オレが神や。」 (-_-;)
■ その後美奈ちゃんと一緒に出かけたイタリアン新店の話はまた改めて。すごくおいしかったのです。
■ 東京から京都市東京事務所の岩城千恵子さんが帰っていらして(東京駅前の京都館へぜひ!)、国立京都国際会館の関 光代さんと共に3人で、「楽しい和食を」ということで「食堂おがわ」さんへ。予約が取りにくいほどの人気(この日の予約もひと月以上前から)、満席でわんわんと盛り上がっている中でいただいたのが以下のものです。どれもが割烹の味のレヴェル。おいしい、けれど安い。せませまのスペースなので棚の上のお酒を客が取ったり、客席側にある冷蔵庫の中のものを出してあげたりとみんなで協力しつつですが、それもまた楽し。せませまの分、かさばるゴージャスなおしゃれ・・・毛皮とか羽飾りのついた帽子は控えて(冗談)、でも本当に、バッグなんかも小ぶりのものにしておいた方がいいです。他のお客さまが移動されるたびに立たないといけないから。
1a●お造りを3種類です。鯖はほどよい締め加減でした。
2a●ぶりもこの季節食べたいではないの。
3a●ぐじのお造り。これがねっとりと美味。振り柚子がしてあって、いい香り。
4b●かぶら蒸し。中にぐじ。ヴェリー京都な味。東京から戻った千恵子さんが「これぞ京都~~」とうるうるしていらした♪
5a●必食、ふわふわ・おだしじゅわりのだし巻き。
6a●雲子の天ぷら。
7a●ぬか漬けを、3人できれいに分けられるように盛っていただき、
8a●じゃこ山椒チャーハンで締めです。
9a●おみやげに鯖寿司を持って帰ることにしました。初めのきずしの時点で鯖寿司テイクアウト! を決めたのです。これは小ぶりサイズです。通常はもう少し大きいです。この日は鯖が足りない、とのことで、ふたり分を3人で分けたのでこうなったのです。以上に、3人とも梅酒、日本酒、日本酒とお願いして、ひとり5000円少しくらい。楽しかったしおいしかった♪ というわけで、行けば人気集中の訳がわかるお店です。
「食堂おがわ」 電話 075-351-6833 17:30~24:00閉店 水曜休み
年末年始のお休みは、30日から6日までとのことです。
************************************************************
(2009-12-28掲載)

2009年12月 28日, dans ★無駄話京都 和食09後半 |