◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「河久」で気軽な一品の夜、ボージョレと共に | トップページ | ■ ワインバー「ヴィオラ」でフロマージュ勉強会 »

2009年11月29日 (日)

■ リニューアルされた京都ブライトンホテルの「鉄板焼 燔」


1a_2■ 10月15日にリニューアルオープンされた京都ブライトンホテル鉄板焼 燔(ひもろぎ)です。先日お昼に伺いました。店内はすっきり、きれいになっていました。(でも前も十分きれいでした。)鉄板20年も使われたら、やっぱり新しくしないといけないそうです。お昼も夜も2回転する人気です。だっておいしいし、目の前で焼いていただける楽しさは格別だし。これはこの日焼いていただいた米沢牛です。
3a●前菜が供されます。ウィンドウズのマークみたいなお皿~!といつも思います。(ああ~PC入れ替えせねば、なんて思い出します。(-_-;)) 上右から、ひらめのお造り(中華風ピリ辛)、真ん中がかんぱち、左にブリオッシ ュとクリームチーズのオレンジ風味、下右が牛たたき、下左がズッキーニとしめじのマリネ。
4a_2●あっという間に鉄板天ぷらが用意されていて、
5a_2●うに海苔巻き天ぷら、帆立、銀杏。
6a_2●伊勢海老をひとりで半身! これはもうれつ幸せ。
7a_2●伊勢海老を眺めつつ、椎茸とほうれん草。
8a_2●焼けた伊勢海老がお皿で供されます。
9a_2●お味付けお好きにどうぞとぽん酢やら塩やらがこのように。
10a_2●豆腐サラダですっきりと。
11a_2●ついに肉です。焼いてくださるのは料理長の川井照久さんです。肉を見つめるのはどなたでしょう~?
12a_2●脂分ができるだけ落ちるようにちょっとしっかりめに焼かれた肉です。
13a_2●ガーリックライスです。同行の方は、最後ではなく、肉と共に食べるのがお好きなのです。
14a_2●こんな感じでお味噌汁とお漬け物も同時に。
15a_2●フランベする川井さん。ぱあーっと火がつくのって、やっぱり見ていて気持ちがいいです。
16a_2●2度めは少し火の入れ方を前より手前にしていただきました。肉質しっとり、噛むほどにじゅわっと味が広がります。シンプルに塩でいただくのがわたしは好きですが、柚子胡椒入りぽん酢もよく合いました。
17a_2●朴葉に、焼き野菜です。野菜たっぷりでおいしい。味噌がまたいい香り。
18a●最後に肉の下に置いていたパンで焼きサンドイッチを作ってくださいます。マヨネーズ的なソースにもやしを巻き込みます。(わたしはこれは少しでいい。)
19a●デセールがアイスクリーム、りんごのコンポートにクランベリーのジュレ、パンナコッタ、手前にティラミス。
20a●一緒にいただいたのはこの方です。「未生流笹岡」の笹岡隆甫さんCREAにも出ていただきました♪ そして、この日は、以前のこの時の返礼だったのです。才気煥発な隆甫さん、お仕事や、いろいろな活動のお話をしてくださってほんと楽しかった~♪ すてきな人に会うこと、話すこと、その時いただけるあふれるようなヒント、違う人生を知ること・・・食事に出かけるって、いいことばっかりです。リニューアル「ひもろぎ」はサーヴィスも丁寧でとても満足感がありました。わたしとしては前菜もサラダもデセールも、(間違いなくおいしいけれど)省略して、集中して肉やら海老やら炒めご飯やら、鉄板メニューだけを今の5倍くらい食べたいかもしれないと思いました。ほんとおいしいから。(でもそれはバランス的にはよくないです。)
21a_2●川井さんとエントランスのところで。隆甫さんはこの後、授業をなさる予定があったので、好きなにんにくを控えめになさったのがちょっと心残りみたいでした。にんにくが大好きって、あまりイメージと合わない気がするんだけど、幼少時より、鉄板焼きの時だけはにんにく摂取を許されたんだって(笑笑)。
************************************************************
22a「鉄板焼 燔(ひもろぎ)」 
電話 075-441-4411(代表)
京都市上京区新町通中立売南西角
(御所西) 京都ブライトンホテル1F
11:30~14:30LO、
17:00~21:30LO・22:00閉店 無休
鉄板カウンター31席 全席禁煙◎ 要予約
1988年7月開店 
2009年10月15日リニューアル開店
************************************************************
(2009-11-29掲載)

2009年11月 29日, dans 京都 ホテル, 京都 肉 |