◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 本日少しサイトお休み<(_ _)> | トップページ | ■ 必死で撮影、すき焼き弁当と、大阪のパン »

2009年10月26日 (月)

■ 下河原通の新しい蕎麦のお店、「京玄庵」


1a■ 下河原通、「美濃幸」さんのお隣に10月20日オープンした「蕎麦・甘味処 京玄庵」に伺いました。エントランスからとても立派です。2階と合わせてなんと100席というキャパシティです。「桜田」さんや「入舟」にいらした料理人の方が独立なさったと伺っていたので、小さい割烹がオープンしたと思い込んで出かけてみてびっくりしました。新築の建物ならではの木の香りが何とも心地よいです。
2b●一品料理がいくつか、そしてお蕎麦のお店だったのです。初めてなので、わりとスタンダードなものをお願いしてみました。だし巻き750円。
3a●鶏の龍田揚げ 750円。
4a●にしんの炊いたの (本当は海老芋とで)850円。
5a●天せいろそば1600円。二八の蕎麦です。細くて清冽な味です。メニューには温冷両方ありますが、まずはこんな風にせいろなど冷たい蕎麦をおすすめします。
6a●出てくるのはこんな感じで。
7a●熱い、おだしの味がわかるものもいただきました。鴨つみれそば1350円。鴨つみれ、おいしかったです。揚げた麩なんかも入って、京都風情ではんなりと。
8a●魚沼産コシヒカリを使っていらっしゃるということで、ひと口ご飯の試食もさせていただきました。いわゆる土鍋炊きなどではありませんが、お米のよさはすぐにわかりました。
9a●通し営業で、スイーツだけでもいただけるのです。抹茶シフォンケーキ750円。
10a●水ようかんとミルクかん750円。
11a12a●お抹茶と、それについくるお菓子。今は栗きんとんです。
★下河原通にこの規模のお店、ということがまずすごいです。いいものを食べ続けて来られたオーナーの方=松本誠さんが始められたお店で(支配人は西村吉右衛門さん)、松本さんが今回起用された料理長が石橋裕之さんとおっしゃって、「桜田」や「入舟」で修業の後、お蕎麦なら関東へと、埼玉県朝霞へ移り住んで5年間蕎麦の修業をなさったという方です。その後京都で「宇一朗」=押小路麩屋町の角の蕎麦のお店(すでに閉店)で料理長をなさっていました。和食の基礎があってお蕎麦をやっていらっしゃるので、一品料理が安心だし、上質なおだしがすべてのベースになっています。使われる食材は厳選に厳選を重ねているようで、玄そばのクオリティから保管の仕方、挽き方のことまで全部HPに出ています。
観光のハイシーズンに間に合うように開店されたそうです。それでもあちこち凝るうちに延び延びになったのだと。場所柄、スイーツやカフェだけでもいただける終日営業は便利です。
「蕎麦・甘味処 京玄庵」 電話 075-551-0035
↓HPに地図もお品書きもすべてあります。
京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル西側 上弁天町446
11:00~22:00
1階と2階合わせて100席 全席禁煙◎
2009年10月20日開店
************************************************************
(掲載:2009-10-26)

2009年10月 26日, dans 京都 蕎麦 |