◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 黒板書きのメニューがたくさん、「バル・ピコス」 | トップページ | ■ 「京都 美味案内」 3刷 決まりました<(_ _)> »

2009年9月 2日 (水)

■ 「権太呂 四条本店」 秋メニュー、湯葉あんかけうどん


1■ 机に向かったきりの人生継続中です。入稿と校正! でもこれはこれで幸せなのです。書きながらおいしさがよみがえってくるから。たとえばぶ厚いとんかつが、外がさくっと揚がっていて、中はじゅわ~としっとりしていて、歯がすーっと入っていったとか、打ち込みながら思い出しては再度味わっているわけです。また食べたい食べたいと思いつつ、バーの原稿を打ち込めば、今度はバーに行ってしばしゆったりしている気分にひとときなるもの。きついスケジュールでも、机の前に張り付いたきりでも、気持ちはふわりと飛び立って一瞬遊んでるもんね。食感も味も香りも瞬時に思い出すから、何か圧縮して何軒分、何食分もの料理を再度味わうみたい。それも太る必要なしに。いいでしょ。ちなみにわたしは眠って夢を見ても、まったく現実と一緒で、色も匂いも味も食感も触感もはっきりあります。(みんなそうよね?)●で、現実世界でわりと最近いただいたものです。おうどん一杯くらい食べに行っても許されるでしょう~? 麩屋町四条上ルの「権太呂 四条本店」で秋のメニューと伺ったのです。
2●全体像です。湯葉がつやつやと光っているでしょう? 全体を覆うように湯葉がのせられています。これだけで雅な風情です。そこにとろりんとあんがたっぷりかかって、いかにもおいしそうです。正式には 湯葉あんかけうどん 1300円です。もちもちしたうどんをあんの中からぐいっとすくいあげていただきます。生姜を散らしながら。京都のおだしのおいしさ、あんかけのとろりんとしたおいしさというのは、わたしを東京から京都へ移住させてしまった多くの理由の中でも、上位のひとつだと思います。
3_2●中の具材には鶏肉、椎茸、かまぼことシンプルに3種類だけです。鶏肉よ♪ あとはおいしいけれど、わたし自身は、ひたすらあんとうどんの食感を楽しみたいかもしれない・・・でも普通には今のでOKです。(だから権太呂さん気にしないで。)以上は自主的に出かけた秋のおうどん試食でした。以下はおすすめいただいたものです。
4●季節ごはん500円。きのこ入りで秋らしいご飯です。いろいろ変わっていくようです。スタッフの皆さまで考えていらっしゃると店長の東理子さん=りこさんが教えてくださいました。サイドメニューですね。
************************************************************
■そして皆さま、「権太呂」さんのHPをご覧ください!
今月のプレゼントクイズというのがありまして、そこで、今月はわたしの本を賞品としてくださっています。担当の竹内太郎さん、ありがとうございます。こんなにしていただいて感謝。<(_ _)> 当選された方はサインを入れさせていただきます。どうぞご応募くださいませ<(_ _)>
●わたしの本「京都 美味案内」、売り切れとか買えないとか、またちらほら聞こえてきて・・・皆さまありがとうございます。扶桑社さま早く次の増刷をお願いいたします! 
●8月後半に食べた和食が何軒分も写真がうなっていて・・・
待っていてくださいませ<(_ _)>
(2009-09-02)

2009年9月 2日, dans 京都 うどん |