◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ ワッフル、ジュレもの、甘味やさん | トップページ | ■ 「山玄茶」 夏の夜のコース »

2009年8月 1日 (土)

■ 引き続き、撮影撮影撮影


2 全国100万人の読者の皆さま、知人友人の皆さま、メールをいただきつつさっぱりお返事できずすみません<(_ _)> 出かけっぱなしの毎日な上、命からがらの撮影に、デスクワークは当然たまりまくり、けれど人生ではいろいろなことも起こるし~、で、対処にワラワラしていてサイトの世話も遅れがち。(-_-;) けれどけれど、「京都 美味案内」の背表紙に、毎日更新!なんて刷り込まれてしまった以上、じぇったい毎日更新するからねわたしは。●メンドーなことも起こるのです。似たような例がいくつかまとめて起こったので述べちゃうと、グルメ投稿専門サイトのようなところに、わたしが匿名で投稿するなんて、ましてや悪口書き連ねるなんてことはあり得ないですからね~、どうか覚えておいてください<(_ _)> わたしは、必ず名前を出した上でものを言います。そして、ほとんど書き込んだりすることもないけれど、気楽なコメント欄においてすらそうです。ある雑誌から、連載記事を匿名で書かないか? とお誘いいただきましたが、これもあり得ないことです。なぜ名前を隠さねばならんの? いずれにしてもわたしの言う内容や文章のトーンで、すぐにわかってしまうことです。わたし非常にシンプルなんで、思ったことそのまましか言えません、書けません。別人になることはできませーん。またある別の雑誌からは、京都に関する辛口の記事を書いてみないかと依頼をいただきましたが、それもあり得ないことです。京都を好きで好きで移住までしちゃったのだから。以上、珍しくちょっと悲しかった例です。(怒ったりは全然していません。)●で、写真のお寿司の折詰めおいしそうでしょ? こういうものの撮影を毎日しているわけです。かなり幸せ~☆☆☆ 本が出たらお知らせいたします。そこで詳細をご覧くださいませ。<(_ _)>
1 木屋町の「河久」さんの折詰め、これは本当に充実しています。いままで何度か掲載していますが、改めてアップいたします。なんでかと言うと、はずかし~のだけど、以前、わたし向きを間違えて撮っていたから。(どうかさかのぼって前の記事を探さないでね~!)取肴が手前でご飯が後ろ。これが正しい方向です。この撮影はもうほんとうれしくて、撮影後包んでいただいて、大事に抱えて帰ったのです。何度かいただいているし、喜んでくれそうな人にあげようかなあ? と思ったけれど、メールしてもすぐに返事なかったし、結局わたし食べちゃったわ♪ 原稿書くのに必要ですし~。
34●ひょいひょいと魚を切って、●醤油もかけて、
56●アレンジしちゃいましょ~●味見しちゃお。「うっま~!」 うはは♪ 「祇園にしむら」さんで、撮影中です。店内の照明がこんななのは、カウンターの隅でカメラマンせんせが料理撮影用のライトをセットされているからです。撮影用料理はあっという間にできて、撮影の間、西村さんは見てる間にわたしたちが試食するものを準備してくださったのでした。最高クラスの魚が使われて、西村さん自分で食べながら「これ旨いわ」と。精緻なお料理(一昨日に記事あり)を作られる西村さんですが、実は軽いノリ、相当おもしろい人です。ごちそうさま、ありがとう。<(_ _)> 
■ この後ゲリラ雨に降られたし、カメラマン・ハリーせんせのイケズに命からがらだったりもしました。ちなみに、遠方へ撮影に行く際、車で拾ってくださる時でも、ひき殺す勢いで突進していらっしゃるので飛びのかねばなりません。「今わたしをひき殺そうとしたよね?」と訊ねると、「もう少しのところやったのに、惜しかった」だと<`ヘ´> 読者の皆さま、かように、命がけで雑誌記事は作られているのです。けれど、まずは前半の撮影が無事に終了、わたしも命に別条はありませんでした。ありがとう~! ご協力いただいたお店の皆さまに感謝いたします。撮影は週明けまだ続きますが、来週はハリーせんせの一番弟子、優しいシゲさんとですから、大変に心穏やかです♪
(2009-08-01)

2009年8月 1日, dans ★述べたいこと京都 和食09後半 |