◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ★パリ祭@関西日仏学館 いろいろ御礼です <(_ _)> | トップページ | ■ 「たまりや」で、夏の鱧と鮎 »

2009年7月13日 (月)

■ 「鮨 仙太」 のカリテプリよ過ぎるお昼


なんでこう人生があふれているのか~? 毎日、「これさえ乗り越えれば楽になる」「これさえ済めば次にかかれる」と、いろいろのことを乗り越えている(つもり)なのだけど、じぇんじぇん楽にならず、いつもひーひー言っていてかっちょ悪い。(-_-;) このサイト用にも、ひと月近く前になってしまった写真があったり、もっと前からの本のご紹介というのもありまして、遅ればせでも出しますから待っていてくださいませ。フランス語で、
mieux vaut tard que jamais って言うもんね。
(=Il est preferable de faire quelque chose en retard que de ne jamais le faire.)
●一度6月にご紹介した「鮨 仙太」さんです。前の記事。あれよあれよという間に、ご紹介の必要もないほど有名人気店になっちゃいました。わたしは2度夜に伺い、そして一度体験しようと伺ったお昼に仰天\(゜o゜)/1260円でこれって、つまり1貫100円なわけで、回るお寿司と同じ値段・・・申し訳ないじゃない? このお昼、わたし一度伺ったきりで、その後「ちらし寿司もいただいてみよう」と思って行ってみるも、「ご飯を倍炊いたのになくなってしまった」とかで、押すな押すなの人気・・・ご紹介しても、入れなかったらごめんなさいなのですが、とにかくこういうとんでもなく良心的なお店があるのだという一例として、たたたたと出しておきます。
1a_22a●中トロ、●いか
3a_24a●あじ、●鯛の炙り
5a6a●甘海老、●きすの炙り
7a8a●玉子、●たくあん
9a10a11b●裏巻きと海苔巻き、●海苔のお椀、●茶碗蒸し。いやいやいや、お値段を考えれば、普段使いしやすい、優しいお店です。ちらし寿司をいただいて写真を撮ってから一緒にアップを、と思っていたのだけど、どうしても伺う暇がなくて、6月半ばのものが7月半ばになっちゃいました<(_ _)> そしてもう1軒、6月下旬の魚介和食店を次に。
(2009-07-13)

2009年7月 13日, dans 京都 寿司 |