◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ★「ブログ」という言葉は避けたいのです。 | トップページ | ■ 「日本料理とくを」で岩牡蠣の夜 »

2009年7月 8日 (水)

■ 「京、静華」で、貸切りディネ


0a 「京、静華」に、6月最後の日曜日の夜に伺いました。10人で奥のお部屋を使わせていただき、それは楽しい食事会となったのです。この日のことです。おまかせコース1本です。このお料理が8000円(税サは別)とは、限りなく良心的だと思います。まずはさっぱりと、●ミントティに、ゴーヤのジュレ。
1a●季節の冷前菜9品です。いつもの小皿ではなく、10人分が盛り込まれたお皿が円卓にずらりと並び、くるくる回しつついただいたわけです。まずはマンゴーと車海老。
2a●くらげのマスタード和え。下に大根。
3a●鱧、トウチ(黒いの、大徳寺納豆みたいなの)、パプリカ、実山椒。
4a●鴨ロースの燻製、グラパテリーフと。中南米原産の葉で不思議な食感。
5a●豚とろ叉焼と煮豆。
6a●ひな鳥ねぎソース。
7a●ポケットきゅうり。
8a●まこも茸となまこ。
9a●トマトいろいろ。
10a●蒸しスープがこんな器で供されます。
11a●中身は衣笠茸とフルーツ。ライチ、さくらんぼ、パパイア。限りなくきれいな味わいのスープです。
12a●いんげん、モロッコいんげん、上賀茂の青唐辛子、中国野菜のルーハオの干し海老炒め。
13a●炒めものの素材プレゼン。
14a●ふかひれ(よしきり鮫のひれ)と青梗菜、じゃがいも。(標準仕様はあわびも。)オイスター風味のソース。
15a●すずきの唐揚げ(卵黄と片栗粉の衣とのこと)、たっぷりの葉っぱは、バジル、ルッコラ、シャンツァイなど。
16a●牛すね肉と賀茂茄子の四川風フルーツソース、ちりめんキャベツ。バジルのソースも。
17a●ピクルスをガラスポットでお好きなだけどうぞと。
18a●ご飯もの。スープご飯の選択もあります。
19a●持ち上げるとこんな。
20a●肉味噌麺の選択も。両方取って分けていただきました。
21a●冷たくなめらか香りよい、いつもの名作・杏仁豆腐。
22a●彩りよく美しい、いつものフルーツティ。
23a●お茶菓子まで美味で、この名前は・・・
24a●こういうそうです。お料理はすべて繊細優美で、どのお皿もうっとりするようなおいしさでした。コースで食べて幸せ、そしてこれだけの品数をいただいて十分満腹になって、でも残ったのは軽やかな印象でした。楽しい人たちと一緒にいただいたから、よけいおいしかったと思います。誰と食べるか、ってものすごく大事です。同じお店の同じお料理でも、一緒にいる人や、状況や気分で違う味に感じられちゃうから(これは本当に!)、食事にはいつもいい気分、いい状態で伺いましょう。この日はサイコー♪のディネでした。「京、静華」さんと、同席の皆さまに御礼申し上げます<(_ _)>
「京、静華」さんは、「京都 美味案内」のp54にあります。
(2009-07-08)

2009年7月 8日, dans 京都 中華 |