◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「岩さき」 初夏のお料理 | トップページ | ■ シンプルあんみつ/この後また、和食が続きます。 »

2009年6月21日 (日)

■ 「京都吉兆 グランヴィア店」の、熱々湯気湯気の松花堂!


1a_3 全国100万人の読者の皆さま、「松花堂弁当が熱々でワクワクする」って言われて、ピンと来るでしょうか? 「熱々の松花堂弁当始めました~!」と、すぎ~ちゃん改め、「京都吉兆 グランヴィア店杉井啓吾店長さまに言われてもわたしは全然ピンと来ませんでした。メールには湯気湯気を意味する温泉マークまでついていたのだけど・・・訳わからん。松花堂弁当って、わりと静的なものというイメージですが・・・でもまあご無沙汰お詫び&ご挨拶がてら「京都吉兆 グランヴィア店」に伺って、その松花堂弁当をいただいてみようではありませんか。まずはこのように、じゅんさいをあしらった胡麻豆腐が供されます。なめらかでつるりとした胡麻豆腐です。
2a_3●お椀です。蓋を取るなりいい香り。まずは1枚撮ったけれど、天井の照明が写り込んでしまいましたので、
3a_3●このように撮り直し。さきほどの角度の方が絶対おいしそうに見えると思うのだけど、食べながらの制約の中で撮るので、その瞬間いちばんきれいに見えるアングルを選びつつ撮るのです。けれど、もしこれをプロのカメラマンせんせがライティングをして撮ったら、また極端に美しい別の物になります。ライトがどれだけ大事かということです。お椀の中は、にゅうめん、魚はすずきです。
4a_3●そして松花堂が登場しました。蓋が取られるなり、ふわ~~~と湯気が立ちのぼります。をを~! 何ごとぞ~\(゜o゜)/
5a_3●4区画のうち、こちらが湯気湯気発生源でした。温々(ぬくぬく)鱧落とし、とうもろこし、椎茸、時鮭。お弁当箱の中に、熱々の取肴があるのです。なんて楽しいことでしょう。
6a_3●とはいえ、きちんと冷えたお造りもあるのでまた驚きます。あおりいかとすずきです。
7a_3●焚き合わせに、
8a_3●彩りも美しくびっしり詰められた八寸です。ひとつずついただいていくの、本当に楽しいです。
9a_3●ご飯とお漬物。
10a●デセールに、抹茶のジュレと玉露のアイスクリームです。
11a_3●抹茶のジュレとほうじ茶アイスクリームという組み合わせも可能です。粋なデセールです。
12a_313a_3●写真撮りましょう、すぎ~ちゃん、改め杉井店長さま! ダメですね~、動きますね~! 正確には、すごいタイトルでいらっしゃるのです。先日徳岡邦夫さんが株式会社京都吉兆 代表取締役となられたのと同時に、この杉井店長も、専務取締役となられたのです。 おめでとうございます<(_ _)>
14a_2●やっと静止状態になってくれましたね。にっこり笑っていいお顔です。
15a_3●びしっと、専務然としました! これからは、杉井専務と呼びましょう! 杉井専務さまが今回ご案内くださった熱々湯気湯気松花堂弁当は、名古屋店の2周年を記念して、3月に始められたものだそうです。名古屋でこれが大うけしたとのことで、つい先ごろ17日から京都でも出されるようになったとのこと。お値段は6000円+税サで6930円。ワクワクの松花堂弁当、京都に着いた時でも、京都を発つ前でも、ひと時おいしくて盛り上がれてすてきです。
16a_3「京都吉兆 グランヴィア店」
電話 075-342-0808
京都市下京区烏丸通塩小路下ル
東塩小路町901
ホテルグランヴィア京都 M 3階
11:00~14:00LO、17:00~20:30LO(お弁当受取は11:00~15:00、17:00~20:30) 無休
テーブル席、座敷など計50席
個室以外全席禁煙◎
予約が望ましい
松花堂弁当は6930円(税サ込み)。会席料理11550円~。
持ち帰り弁当(前日までの要予約、6~8月と年末年始は取り扱いなし)
5250円。

2009年6月 21日, dans 京都 和食09前半 |