◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「山玄茶」 の春のお昼、白いご飯にうっとり | トップページ | ■ 端午の節句の先付@岩崎武夫さんの「室町和久傳」 »

2009年5月 5日 (火)

■ 新店紹介:つみれ鍋がスペシャリテ、「京都六角 うのあん」


1_2 5月3日に開店した(現在まだプレオープン期間中)「京都六角 うのあん」のオープニングに2日夕方伺いました。ふつふつと煮えているのは鶏のつみれです。つみれ鍋がスペシャリテなのです。
2●通年でつみれ鍋をやるというお店なのです。大和肉鶏を使ったつみれはピンポン玉より小さくしたのを数多く入れて、旨みを早くたっぷり染み出させるということで、このつみれもおだしも、なかなかおいしかったのです。
3●ふんわりしたつみれの元はこれ。大和肉鶏とブロイラー種、そして豚バラのひき肉が混ぜ合わされ、卵や長芋も加えられて、ふんわり仕上がるように按配されています。
4●向かって右側の白衣の方が代表の上田 修さんです。奈良の料亭「日本料理 卯之庵」に生まれて、「たん熊」で修業なさったとのことです。手前の藤原一駿也さん(祇園の「割烹ふじ原」)の後輩に当たられます。藤原さんの後ろが今や京都でも有名、立命次郎=菅野聡之さん。東京に戻られる前にこちらを訪ねられたということで、ほんと京都大好き、移住計画も着々のご様子です。
5●他に地鶏のすき焼き、地鶏の水焚き、地鶏もも塩焼きや親子丼など、鶏肉メニューがいろいろあります。
67●イーグルコートというゴージャスなマンションの中に作られたお店です。料理屋さんというよりは、どちらかというとダイニング的な風情で、だから藤原さんたちにお誘いいただかなければわたしも行く機会がなかったと思うのですが、つみれのおいしさにはうっとりしました。いつかまた何人かで出かけてみようかしらんと思います。
8910●後日、お昼をいただきに伺ってみました。お昼メニューが手頃に揃っていました。コンパクトにしたつみれ鍋がいただける「うのあん御膳」1000円を選択してみました。やはり大きなお鍋で煮えたぎっていたのに較べると、迫力もコンパクトでしたが、寒い日にこれが1000円ではふはふいただけたらうれしいと思いませんか? ふんわりしっとり、でも味はかなり濃いですから、お酒にも合いそうです。ひとつ、塩気と共に、にんにくが効いていますから、仕事が控えてたりしたら注意が必要、ということをお知らせしておきます。★母体は奈良の「日本料理 卯之庵」。「京都六角 うのあん」は、大阪からスタートした鶏つみれ鍋専門店の3軒目です。
************************************************************
「京都六角 うのあん」
電話 075-708-7045
京都市中京区六角通柳馬場東入ル北側
イーグルコート御所参道
11:00~14:00LO、17:00~22:30LO
(6日まではプレオープンのため21:30LO)
不定休
2階(★靴を脱ぎます)は分煙、
1階カウンターは靴のままでOKですが、あらかじめ灰皿が置いてあります。
************************************************************
(2009-05-05)
この後もう1本、和食をアップします。

2009年5月 5日, dans 京都 鶏 |