◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「紫野和久傳 堺町店」の宇治金時のソルベで初夏の気分 | トップページ | ■ 読者の皆さまに感謝! / TVで紹介?? »

2009年5月 3日 (日)

■ 「シトロン サレ」でひき肉カレー&塩キャラメルプリン


1a もう写真が溜まりに溜まって、PCに移したはいいけれど数の多さに嘆息しているのです。書店まわりをしたり、100冊単位で買っていただいたところへ、お呼びがあればサインしに伺ったりとかで、出歩いてばかりいるので、デスクワークがまるでできていないわけです。それ以前に阿鼻叫喚の家の中をあたふたと片付けていたら爪までハデにばっきーんと割れちゃうし(*_*)落ち着かねばなりません。静かに人生を過ごしたいのよわたし。で、いたし方なく爪補修剤を買いにロフトに行ったらまた楽しくなって普段買わない小物をいろいろ買い込んでしまって、片付けて物を減らしていたはずが、逆ではないの(-_-;) 写真の話に戻ると、割烹コースものが特に溜まってしまっているのです。写真を組む記事をこのごろ出していないから。で、どれから出そうかなーって考えて、でも世の中連休だし、即役に立つか? という意味では今から連休中に予約が取れるはずない割烹を出すのも、ご覧いただく読者の方に申し訳ないかも~。というわけで、とりあえず間違いなくぱっと行けるお店を2軒、連続して出します。●まずはおなじみ「シトロン サレ」で軽デジュネ。本の発売直前だった10日ほど前のあるお昼、「この本、このまま出していいんだろうか?」と激しい落ち込み気分で、手元に届いたばかりの見本をプロに見てもらおうと京都を代表する編集関係者に付き合ってもらったのです。盛大なものは食べられない、ひと皿でぱっと旨くなくちゃ~。ひき肉とほうれん草のカレー、香りよくて品のよい辛さです。たまごをからめたら、とろりんとマイルドになっていいです。食べているうちにだいぶ元気になりました♪
2a●「大丈夫、気になるのはわかるけれど、書店に並べられるレヴェルよ」という言葉をもらって少し安心して、塩キャラメルプリンです。以前と様子が違いますね。フランス色のシールが貼られて、よりかわいくなっていたのです。中身のおいしさは変わらずです。
3a●食後のエスプレッソはこんなガラスカップで。前回の記事に詳細データあります。終日軽食OK、カフェだけでもいいし、ワインを飲みたい人にはよく合うお皿がたくさんあるし、持ち帰りのお菓子やお惣菜も多種揃うしで、ほんと粋で使い勝手のいいお店です。
(2009-05-03)

2009年5月 3日, dans 京都 カフェ |