◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 京都リビングエフエム FM 845 などラジオ出演のこと | トップページ | ■ 「千ひろ」 2009年4月のコース »

2009年5月 8日 (金)

■ 「割烹ふじ原」 4月末のアラカルト


1■ あ~いけません。わたしなんでこんなにバタバタしているのかしらん? 写真たまり過ぎて、全部アップするまで次のところへ食べに行くのやめようかと思ったり(-_-;) 和食を1軒ずつ出していきます。東京からいらした方と共に、少し久しぶり、4月の終わりに伺った「割烹ふじ原」さんです。アラカルトで軽く、のつもりで注文したものです。けれどやっぱりコース風になっているし、軽くもなかったかも(笑)。●葉わさび 胡麻かけ。アミューズという感じで。
2●蒸しいなり寿司。おしのぎです。お揚げのお寿司でうれしい。
3ごりの生姜煮。お酒飲むべきです。
4鯛の子と一寸豆、焼き大根と。鯛の子じわじわと美味で、とろんとあんがかかって、和食食べに来たという気分になりました。
56お造りは、とり貝、うに、めいたかれい。めいたかれいがとりわけおいしかったです。
7野菜のソテ、はっきりガーリックも効いており、濃い味です。藤原さんらしい味付けです。
8●鶏スープベースの、新玉ねぎとキャベツ スープ煮。このスープがものすごくおいしかった。玉ねぎもキャベツに溶けるようにやわらかでうっとり。やっぱり人気の品だそうです。
9●シャンパーニュを初めにいただきましたが、その後お酒飲まずでごめんなさい。ペリエがあって大喜び。和食店でもミネラルウォーターを標準装備に! と思っています。
10牛肉の炭火焼き。ひうち(フィレの後ろでいちぼに近いところ)。
11●最後に天ぷら。こごみ、たらの芽、ふきのとう、高麗人参、稚鮎、かれい。高麗人参の天ぷらは「ふじ原」さんのスペシャリテです。とても充実していたので以上でお腹いっぱいになりました。ご飯ものパスしちゃいましたが、みすじ肉をのせたご飯など、絶対おすすめです。「割烹ふじ原」は、お酒を飲む人が、おいしいお料理をゆったりといただくのに本当にいいお店だと思います。
http://blog.goo.ne.jp/kappou-fujiwara/ 「京の四季 あんな所 写真集」
今回教えていただいたのですが、ご主人の藤原一駿也さんはこんな写真サイトもされていました。まめに撮っていらっしゃいます。これを拝見していると、京都の四季の風情もわかるし、祇園の事情なんか教えていただけそうですね。
(2009-05-08)

2009年5月 8日, dans 京都 和食09前半 |