◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ★「京都 美味案内」、色校を戻すところまで<(_ _)> | トップページ | ■ 祇園割烹~夜ネーゼ~木屋町の桜 »

2009年4月 9日 (木)

★4月28日発売 「京都 美味案内」 のご案内


Guidekyoto■ 本日は、4月28日発売(実際はもう少し早いかも?)のわたしの本、「京都 美味案内」のご案内です。表紙を初公開いたします。
*****************
「京都 美味案内」 
写真・文 関谷江里
4月28日発売
【首都圏や京都の書店では、
もう少し早いかも?です】
ISBN 978-4-594-05937-8
100ページ A5変型  
定価 950円(税込)
発行・発売 扶桑社
*****************
【構成】
この本は、このサイト「関谷江里の京都暮らし」をベースに書き下ろししたものです。サイト開始の2006年3月23日以降の記事で、あるものでまとめよう、ということで始まった企画ですが、実際には昨秋から集中して撮った写真を中心に、216軒を厳選して掲載しています。掲載写真点数は約550枚。
前半:カラーでご紹介104軒 カウンター割烹と和食に多くのページを割き、他、フレンチ、イタリアン、中華料理、洋食や肉料理、バル、カフェやパティスリなど。とりわけカウンター割烹23軒は、コースの全容がわかる写真掲載が特徴です。他も、とりわけおすすめのお店に関しては1ページ扱いで9~12点の料理写真を掲載、食事の流れがわかるようになっています。
後半:文字情報でさらにおすすめのお店をご紹介112軒 こちらは飲食店以外にもおみやげやお取り寄せ可能なお店も掲載、京都にすぐに来られない方でも楽しめるように考えました。
【データのこと】
お店のデータは、わたし自身が欲しい情報を織り込んだものです。(少し画期的かと思います。)
●全店マップ付でありながら、文字情報だけでも必ずたどり着けるように、何通の何小路上ル東側、といった具合に詳細を記載。(花背の料理旅館さまなど、一部例外もあります<(_ _)>)
●全店、開店年月を標準装備。人間の生年月に当たるお店のオープン年を、今年の2月でも江戸年間でも等しく記載。
●割烹や和食店で、靴を脱ぐ必要がある場合、わかるように記載。座敷でも、テーブル式か掘りごたつかなどを、できる限り記載。
●そしてもちろん、全席禁煙◎のお店は明記してあります。その他、分煙(きっちりお部屋で分かれている)~一応分煙(同じ室内で一部は禁煙、一部はケムリの可能性ありといった場合)~禁煙席なしという風に明記してあります。
【その他いろいろ】
●この本はもちろんランク付けなどないし、いくつかご質問があったのですが、★などもつけておりません。それから、全部掲載許可を1軒ずついただいての掲載です。本当に心からありがたいことに、お願いしたお店の100%に掲載をご承諾いただきました。お店の1軒1軒の店主や店長の皆さまに本当に感謝。胸の奥底(ないけど)から御礼を申し上げます。(ふざけている場合じゃない?) ただ、後半文字情報ページ内で2軒だけ、(すごく人気のお店です)対応しきれない場合もあり得るということで、電話番号を伏せるという条件で掲載させていただいています。とはいうものの、どちらも「料理通信」誌で以前に取材させていただいたこともあり、実はネットなどでもすぐに出てきちゃうのですが<(_ _)>
●食の好みというのはそれぞれです。この本は全編通して、本サイトと同様、わたし個人がいいと思ったかどうか、好きか嫌いかという、ただそれだけを基準にして選ばれています。なかなかひとりで丸ごと1冊のガイドというのはないと思いますので、わたしと食の好みが合う方には、楽しんでいただけるのではないかしらん、と思っています。あ、でもやっぱりたくさんありますね。以前、30年くらい前の本ですが、秀逸だった文化出版局のガイド(古都旅趣の会)とか、北俊彦さんのご本とか。
●掲載した写真は、取材のための撮影ではなく、実際に食事をしながら撮った写真です。本当に本当にお金も使ったのです~(-_-;) かかったお金、時間、半端ではない作業量(これは編集者の方もです)を思えば、これ何度もできない仕事だなあ、と思いつつ、実はもうわたし次の本をやりたくてしょうがないのです。企画を出して実現すべく頑張ろうと思います。長かった撮影兼食事の日々(毎日胃薬持参でした)、その後たてこもりの原稿打ち込み、入稿→校正作業。しかし「飽き飽き、こりごり、休みたい」なんてことはかけらもなくて、再び早くまた写真を撮りたい! いい食体験を積んで、またいいものを出していきたい! と心から思うのです。
●なのでどうか友人知人の皆さん、そして全国100万人の読者の皆さま、この本を買ってください! 書店で予約していただいてもうれしいです。これだけやって売れなければやっぱり悲しいです。どうかお願いいたします。<(_ _)>
●直接読者の皆さまにご挨拶させていただくイヴェントも、ただいまあるレストランが企画してくださっています。近々に発表いたします。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。<(_ _)><(_ _)><(_ _)>
(2009-04-09)

2009年4月 9日, dans ■ 「京都 美味案内」について |