◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ カレーその1:「味味香」の甘きつねカレーうどん | トップページ | ■ぱっと食べる その1: 「シトロン サレ」のトレトゥール惣菜 »

2009年3月 2日 (月)

■ カレーその2:「プティ・ムッシュー」の新しいカレーとアラカルト


1 シャンパーニュと合わせる、とてつもなくユニークなカレーレストラン「プティ・ムッシュー」です。インテリアの華麗さといい、甘いんだが辛いんだかわからん不思議なカレーソースといい、なぜだかヴェルサイユ宮殿のような小部屋があることといい、とにかくあらゆる意味で今までになかったお店です。改めて説明するまでもないくらい、もうすっかり有名ですね。で、そこで新作があると聞いて、家近、即食べ・熱々・撮影ネタと条件が揃っちゃって(笑)先月末のある日デスクワークをひと時うち置いて出かけたわけだ~♪ ●さて、これが新作のシマウマカレーです。あ、嘘です、白カレーといいます。縞馬・・・縞旨カレーとかでもいいと思うんだけど、そんなオーダーしても通らないからね(笑)。これは従来のオリジナルのカレーソースにクレームを混ぜ込んでマイルドにしたもので、クレームで模様付なのです。なかなかおいしい! 少しマイルドだから女の子カレーとも言うらしいです。エミリオ・プッチとか着て行ったら似合うと思う。(でもわたしは持ってないです。)オレンジ着せたりプッチ着せたり大変なカレー屋だ(笑)。
2●この写真はいちばん基本のカレー、「プティ・ムッシュー」の誇るオリジナルカレーです。甘くてフルーティです。甘い甘い。そう思って食べ進むうちに、じわーーーっと汗が出てきて、実は辛い。だんだんどんどん辛くなる。けれど余韻は爽やか。まか不思議なカレーソースです。昼夜ともシャンパーニュひと口とアミューズ3点盛りと共にいただくセットがおすすめです。昼1500円、夜は小さなデセールがついて1800円。
3●これは新しいトッピングです。海老フライ400円。ひれかつとかフロマージュとかありましたが、今は圧倒的にこれが出るんですって。新しいものって試したいですものね。わかるわ気持ち♪
4●アラカルトのお皿が増えていました。なかなかに美しくて、そしておいしかったのです。鴨と白レバーのテリーヌ、りんごのソテ カルヴァドス風味添え 1000円です。カシスのソースの酸味も調和して、これかなりちゃんとしたフレンチよ♪ 
5●こちらはアミューズによさそう、帆立のポワレ お米のガレット添え 500円です。お米にはハーブが混ぜ込まれており、パリパリほどよい加減に焼かれたガレットが粋です。ほたて=サンジャックはとてもフランス風情を醸しやすい食材のような気がする・・・紫蘇風味のヴィネグレットソースも、ばしっと決まっていました。
6●りんごのタルトです。黒胡椒のアイスクリームが載っています。お花やハーブなど、飾りのセンスもいいです。昨年末からこちらのメンバーとなったシェフのダイスケ君がなかなかよくできるやつと見た。ハデかつ繊細優美なものが好きな、そして本人もハデな女店主・ゆきちゃん=佐藤有紀さんの期待によく応えているようです。
★今月から夜の営業時間が1時間延びて21:30LOとなっています。
改めてデータです↓
*****************************************************************************
「プティ・ムッシュー」 Petit Monsieur
電話 075-257-3257
京都市中京区烏丸通錦小路上ル東側 手洗水町650 四条烏丸スタービル1階
11:30~15:00、18:00~21:30LO・22:00閉店
日曜、第3月曜休み
カウンター16席
全席禁煙◎
夜のみ予約可能
昼 セット1500円、他アラカルトも。 夜 アラカルト500円~ シャンパーニュ1200円~
2008年6月開店
*****************************************************************************
(2009-03-02)

2009年3月 2日, dans 京都 カレー |