◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「風枝」で湯気湯気の点心とお鍋! | トップページ | ■ カレーその1:「味味香」の甘きつねカレーうどん »

2009年2月28日 (土)

■ 「室町和久傳」の岩崎武夫さんのコースの日


1a2a3a室町和久傳」で先日2月22日(日曜)に行われた特別コースの記録です。「和久傳」の総料理長で、「和久傳」の料理を形作ってこられた岩崎武夫さんによるコースです。岩崎さんは現在主に「紫野和久傳」で種類豊富な「おもたせ」の開発に専念していらっしゃるとのことですが、厨房の若いスタッフの皆さんに原点を示すという意味も込めて、このコースが企画されたとのことです。わたし自身は昨年一度岩崎さんのお料理をいただく機会を得て、本当に優しい穏やかなお料理に感動したので、今回の企画をとても楽しみにしていました。以下は22日のお昼いただいたものです。この日は昼夜同じ内容、同じお値段(12000円)でした。●つくし湯をいただいてしばしなごみ、●「めぐりくる春」と筆跡も美しい八寸が供されます。
4a●開くと春の取肴が現れます。上から貝柱にふきのとう味噌、わらび、白魚に木の芽。春にいらっしゃいませと迎えられたようです。
5a●六角形の器が出されて・・・エグザゴンヌ=フランス好きはこんなんでもうれしい(笑)。
6a●うにと湯葉、温製です。柔らかいものどうしですが味わいが違うものを組み合わせて静かな旨みを楽しむお皿です。
7a●お造りは、わさびの葉の上に、とり貝、ひらめ。かぶらとみょうがの酢漬けと。とり貝で春だなあ~と。みょうがも彩を添えます。
8a●箸休め的なお皿で、ふきの胡麻和え。胡麻はばさっと。豊かな風味です。
9a10a●沸々と煮えるお鍋がプレゼンされます。スタートは一斉式ではなくて、それぞれ自由に式だから、客ひと組ごとにお鍋ひとつたっぷりと。なんだかうれしいです。●よそってくださったもの。お椀代わりですね。熱々です。
11a●ぐじと厚揚げ、うぐいす菜、梅肉。みぞれ仕立てです。おだしが品よく美味で、まだまだ寒かった日に、しみじみ幸せな優しい味でした。
12a13a14a15a●「まだしばらくゆっくりお酒飲んでね」的なお皿が3種類同時に。●一寸豆、●飯蛸に酢味噌と土佐酢ジュレ、●あん肝生姜煮。
16a●氷魚(鮎の稚魚)と浜防風の天ぷら。サクサクと天ぷらでお料理はおしまいです。氷魚大好き、浜防風の鮮やかな香りもよかったです。
17a18a19a●蟹ご飯です。紅色の蟹の身たっぷりでうれし。●丸大根の醤油漬け(手前)と、筍の土佐煮。大根の醤油漬けは何ともオリジナルです。これは「おもたせ」にしてくださいませ~! ●お味噌汁もついて、ほっこり幸せな締め。
20a21a22a●デセールはいちごにワインのジュレ、うぐいすの葛焼き。葛焼きシリーズいろいろありますが、(多分今までも栗や生姜などをご紹介、)これは春のイメージでうぐいす豆とのことでした。温かくて、ふんわり柔らかです。
23a●お抹茶で締め。なごやかな気持ちでいただけたコースでした。前に出ていらっしゃることがない岩崎さんは、結局「岩崎武夫の日」というイヴェント料理だったにもかかわらず、お昼はやっぱり一度もカウンターにお姿を現わされることはありませんでした。出ていらっしゃったらよかったのに・・・。わたしは、一緒に食べた方と共にゆったり最後までいたのでほんのひと時ご挨拶できましたが、それも、うぐいす葛焼きの後に、「京都御苑に、うぐいすの群れが40羽くらいいたのがすごかった」なんてにこにこお話だけされると「中で仕事あるから」ってすぐに引っ込んでしまわれました。あ~。お身体は量感があるのに、風情が何ともかわいらしい方なのです。
101a●で、こちらはおまけ画像です♪ 夜のための仕込みがなされていて、みょうがとかぶらを整然と準備される様子が美しかったのです。
102a●カウンターにずっと出ていらしたのは岩崎さんと共に長年「和久傳」を支えていらした瀧村幸男さんで、この手もそう。多分皆さん瀧村さんを「この人がきっと岩崎さんだ」って思われたと思います(笑)。マジメ一徹だと思っていたのだけど、この方実はすごくおもしろいのがわかった、というのも今回の収穫・・・<(_ _)>
●今後も継続的に岩崎さんのコースをなさればいいなあと思いました。「和久傳」の他のお店の店長の皆さまも召し上がったとかで、こういう機会にわたしもいただけたことはラッキーでした。いい技術やエスプリが正しく継がれていくための努力をなさっているのだなと思い、おいしいお料理と共に、とてもいい余韻を味わったのでした。
*****************************************************************************「室町和久傳」  むろまちわくでん
電話 075-223-3200
京都市中京区御池通堺町下ル東側 丸木材木町679
11:30~13:30入店、17:30~20:00入店
水曜休み
全席禁煙◎
カウンター10席、テーブル55席(個室も入れて)
昼6300円~、夜13860円~
要予約
1990年三条室町に開店、2005年3月現在地に移転
*****************************************************************************
(2009-02-28)

2009年2月 28日, dans 京都 和食09前半 |