◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「ブラッスリー・カフェ オンズ 11」でアリゴとワイン | トップページ | ■ 「プチレストランないとう」 年末のコース »

2009年1月 4日 (日)

■ 「御幸町つばき」 2009年お正月のコース


1a御幸町つばき」も少し久しぶりの訪問です。ちょっと前に伺ったと思っていたけれど、前の記事見直したら9月の初めだったのよ。まる4か月たってた。\(゜o゜)/時間の流れが極端に早いです。夜のアラカルトが楽しいお店ですが、今回はお正月2日の夜にいただいた新春限定コースです。仕入れの都合から、1月2日~5日の間は夜のみの営業でコース1本のみ。これがなかなかよかったのです。7350円で、普段のコースのいちばんお手軽なものと同じ価格に設定されているのも感じがいいことです。(昔はよくお正月料金というのが普通にあったでしょ?)初春コース「あけぼの」より、●熱々の柚子釜の先附です。中に蒸し赤飯、寿司酢。車海老をフリットにしたのが風味を添えています。からすみ、とびこ、いくらがあしらわれて、おいしいし、宝石みたいにキラキラきれいです。
2a●向附に、鯛、ひらめ、締め鯖。今は元日から新鮮な魚を持ってきてもらえるとかで、いつも通りのお造りが出てきます。昔はどこもかしこも1週間ほども閉まって、すべてがストップするのがお正月だったのに、このごろは祭日1日だけで、あとはごく普通の日々の感覚になってきて、ほんとよかった。普通に機能している都市生活、毎日のいつもの暮らしがしんそこいいと思います。
3a4a●一緒に食べた人たちの中にお酒飲みさんがいらして、少しいただきました。「冨玲・・・ フレー!」ってお酒です。おもしろ! と思ってネット検索してみたら出てきました。「冨玲」という名があってフレー!とふざけたわけではなくて、「フレー!」と名づけたくて「冨玲」にしたのだと。この話なんか好きだわ。鳥取の梅津酒造というのです。
5a●器が大人趣味だなといつも思います。きれいなお椀の蓋を取ると・・・
62a●祝餅とさわらの白味噌仕立て。うぐいす菜 辛子。お正月仕様のお椀で白味噌です。うれし♪ さわらで、しっかり旨みもあるお椀になっています。
7a●和えものとして、鯛の子とふきと蛸のやわらか煮。わたしは蛸を省いていただいています。むにむには要らんの。食べられるけれどわざわざ要らないし、胃のスペースは限りあるしで、ごめん<(_ _)>
8a●焼物が、まなかつお味噌漬焼き。予定調和な焼物という感じで、静かにいただきます。「フレー!」とよく合うし。
9a●おしのぎ: ます炙り、かぶらおろし、 しめり海苔、土佐酢。日本酒が合うものが続きます。ますは香ばしく、かぶらのおろしとしめり海苔が優しい香りや違う食感を添えて、シンプルながらよかったなあ、と思えるお皿でした。
10a●焚き合わせは、地鶏、丸大根、ごぼう、黄身あん、芽ねぎ。これもすてきなひと皿でした。おだしで炊かれた根菜はそれだけでもおいしかったのに、卵の黄身風味のあんが新たに旨みを与えて、上品ながらちょっと忘れがたいお皿でした。
11a●ご飯ものは、本来、蟹と牡蠣の釜めしだったところを、オプションでお願いして、焼きおにぎりのだし茶漬けです。どうしてもこれをと所望される方と一緒だったので。先日はからすみと牡蠣がのった一品だったそうですが、この日はからすみとうに。香ばしく焼かれたおにぎりをざくざくくずしつついただくの、とても温まって満足感がありました。
12a13a●ぴっと四角い小皿にお漬物。●デセールが出てきます。いつもオリジナルで楽しみ。
14a●黒豆のソルベと小豆。黒豆ソルベにはきな粉がかかっています。わーお、お麩にクレームアングレーズじゃなかった(笑)。黒豆ソルベは食後にさっぱり、でも黒豆の香味が生きててとてもよかったです。わたしたちには小豆までは要らんかもね、なんて一緒に食べた人と話し合ったのですが、でも「たくさん食べさせてあげよう!」というサーヴィスの気持ちはやっぱりうれしいねっていう結論。
15a●これだけのお料理で7350円(焼きおにぎりお茶漬け分はプラス料金です)て、良心的です。(赤い写り込みごめん<(_ _)>)若いパワーに満ちて、そこはかとなく瀟洒で、何をとってもなかなかに美味。普段の夜はアラカルト50品ほど。というわけで、景気なんて関係ないお店だと思います。
「御幸町つばき」
電話 075-211-3938
京都市中京区御幸町三条上ル(東側)丸屋町318-3
12:00~13:00LO・14:00閉店、18:00~21:00LO
不定休(HPにカレンダーあり)http://www.kyoto-tsubaki.jp/calender.php
昼夜ともに予約が望ましい
カウンター10席、2階テーブル18席、座敷6席
昼はコースのみ、2630円、3890円。夜は一品料理が多種。コースは前日までの予約で7350円~。
(2005年10月開店)
1月2日から5日までの間は夜営業のみで、初春コース 7350円のみ。

2009年1月 4日, dans 京都 和食09前半 |