◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 一乗寺のフレンチ、「La Verveine ラ ベルベーヌ」 | トップページ | ■ 「進々堂」のマロンデニッシュ/500円お弁当/カフェで締め »

2008年11月 2日 (日)

■ 「ア・プ・プレ」でお得過ぎるムニュ ”フォリオル”でディネ


1a 続けてフレンチいきます。何度かご紹介している「ア・プ・プレ」です。町家を使ったかわいらしい造りながら骨太の料理を出すかっこいい女性シェフ・竹村瑞穂さんと、ご主人・竹村健太郎さんがサーヴィスをつとめるお店です。撮影の御礼がてら、ちょっと久しぶりにディネに出かけました。まさかこんなところにお店があるか~? という場所(的場通新町)だし、夜なんてほんと、まわりは「ぬばたまの闇」よ。(-_-;) けれど、おいしい、安い=カリテプリ抜群で、このごろなかなか席が取れないと聞くし、この夜も満席でした。フォリオルというムニュをいただきました。アミューズとスープの後、選べる前菜、主菜、デセール、そして食後の飲み物付で3200円・・・まったくもってあり得ない安さだと思います。かなり暗い照明なので、三脚を使って撮っています。●アミューズに、グジェールと帆立にタプナードソース。
2a●前菜に選んだのが鴨もも肉のコンフィとポーチドエッグ、香草サラダと共に。鴨のコンフィがスライスされてサラダの下にたっぷりあります。
3a●温かいかぼちゃのスープ、パセリとカカオパウダー。甘いかぼちゃスープにカカオの粉がはらりと合わされ粋です。わたし好き♪
4a●持ち上げ(というかすくい上げ?)をやってみたらこんな。三脚+望遠で余裕で持ち上げ。ちょっと進歩(笑)?
5a●牛ほほ肉の赤ワイン煮込みを主菜に。とろとろに煮込まれた和牛をほぐしつついただくのって、グリエされた肉をがっつくのと違って優しい感じ。焼きものもあったけれど、さぶい夜だったので煮込みが気持ちにぴったりでした。酸味が効いたソースはフランボワーズ風味で、犬になって皿なめたかったわ♪
6a●デセールにショコラのムース。空気をたっぷり抱き込んだムースはしっとりふわふわいい感じでした。けれど、わたしにはフルーツが要らんかった・・・ごめん<(_ _)> どのフルーツもそれ自体はすごく好きなのだけど。
7a●カフェで締め。
8a●添えられるのがこんな焼き菓子。ケイクがとりわけしっとりと香りよくてすてきです。いやもうほんとお値打ち過ぎます。3200円て、前菜主菜デセールだけだとしてもひと皿1000円なわけじゃない? こんなんでいいのかなあと思いつつ、だから押すな押すな状態にはやるんだなあと頭が下がる思いです。東京から来た編集者の人と一緒だったんだけど、お料理にもお店構えにもすごく喜んでくれたのもうれしかったのでした。

2008年11月 2日, dans 京都 フレンチ |