◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■ 「権太呂」のけいらんうどん/「うずら屋」の鶏肉 | トップページ | ■ ボージョレ/ 「三嶋亭」@京都タカシマヤ »

2008年11月26日 (水)

■ 「祇園さヽ木」 でハデに蟹! 2008年11月 


11340 今年も蟹です。青タグをつけた蟹がどかんとハデにプレゼンされる季節到来です。先週の後半、東京から「さヽ木」さん予約のスケジュールに合わせていらした方を迎えて。18:20には席についていて、わたしたちとても優等生です。
1a2a●先附も蟹でスタート。津居山のこっぺ蟹。内子で作ったソースをからめつつ。●長良川の子持ち鮎、卵だらけです。お腹の卵部分だけ出てきたので「残りの部分はどうするの?」なんて気になって尋ねてしまった(-_-;)(まかないで召し上がるそうです。)
5a3206150_2●お椀は蟹しんじょう。というより、毎年そうだけど蟹のかたまり。
7a●向附。昆布森のうに、割醤油がかかっています。広島の鯛の昆布締。煎り酒で。瀬戸内のさわらのたたき。ぽん酢で。ボストンまぐろ(325kg)のとろの寿司。
8a340●向附、ひとり分だとこうなる。これもきれい。
9a10a●お寿司もう一貫。づけで。しびまぐろ、12,4kgだそう。●雲子のちり蒸し。
12a13a●そしてここからハデな蟹さばきショーです。津居山・吉野丸のタグごとプレゼンされます。スパッスパッとさばいていくのはいつもながらお見事。気持ちいいだろうなあ。
14a15a●整然と並べられ塩をされ、ピッツァ釜でほんのしばし火を入れて、
16a17a●焼いたものがプレゼンされて、●食べやすくしてくださる。繊維太くて甘いです。
18a19a●ぐつぐつと、長崎のくえと小蕪の炊いたのが登場。くえは1週間寝かして味を出したと。かぶらとよく合って、いいおだし出て、幸せな味です。●お漬物がきたら、ご飯は何かな? だいたい予測できるけれど・・・
20a●けれど予測ご飯の前に、ハデな太巻きです。どれだけ巻き込むのと思うくらい具をのせてぐるんと巻く・・・
21a●供されると彩り美しく楽しいです。「男性は2口で、女性は3口で」食べるようにとのこと。わたし大口だけど、これ3口でいただけませんでした。ご飯より具材が多いゴージャス巻きです。
23●そして「予測のご飯」が登場してうれしい、蟹チャーハンです。
24a●デセールはマロンのクレーム(温製)に、マロンのアイスクリーム。晩秋~冬色の濃い、佐々木さんエスプリを満喫できる楽しいコースでした。

2008年11月 26日, dans 京都 和食08後半 |