◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ★ 無事です! | トップページ | ■ 「京カレー ichie いちえ」 »

2008年10月 9日 (木)

■ 「蕎麦処 祇園 霧下」


★「霧下」さんは残念ながら11月9日を持って閉店されました。

1 お待たせしました。初ご紹介のお店を2軒出します。「霧下」というお蕎麦やさん、門上武司さんに教えられてわたしも出かけてみたのです。行ってみて、りえちゃん=「OKU」の代表・原田理恵さんにも薦められていたこと、りえちゃんはよねちゃん=「よねむら」の米村昌泰さんのおすすめで出かけたと言っていたことを思い出したのでした。「自家製粉・十割蕎麦 信濃町黒姫高原、天日干し」とキャッチが入っています。門上さんもアップされている のと同じものいただいていたのですが、すべて書いていらっしゃる通りです。

23 メニューはこんなです。ごくシンプルな店内は・・・喫茶店の居抜きで、「いい蕎麦を出したいだけ。内装にお金をかけるつもりは全然ない」とご主人がおっしゃる通りのもので、その、なんというか、内観に関してはまーったく気にせずに、純粋にお蕎麦じたいを楽しみに行くお店です。祇園というのに夜も19時で閉店してしまうような欲のないお店です。長野からいらして、ひたすら蕎麦打ちをやって幸せというご主人です。
46_2 十割そばの天ぷら付の小盛り1300円です。素朴で野性味のある蕎麦の風味を楽しめます。お蕎麦としてはおいしいものです。ごく早めしを、ここらへんでささっと、という時にいいです。京都風情とか雰囲気とか関係なく、素朴なお蕎麦が思いもかけぬところで楽しめます。 
追って、これも雰囲気ではなくて、実質楽しいカレー屋さんのご紹介をします。

2008年10月 9日, dans 京都 蕎麦 |