◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■「プティ・ムッシュー」のカレー、美味の秘密 | トップページ | ■アラカルトで気軽な夕食(2) 「御幸町つばき」 »

2008年9月 3日 (水)

■アラカルトで気軽な夕食(1) 「ポキート」


1_32アラカルト気軽店を2軒続けてゆきます。お料理が美味なバル「ポキート」、7月でまる3年となられました。パチパチ、おめでとう! 気軽で居心地いい・お値段高くない・店主の廣岡さん感じいい・お料理も美味! と、ほとんど完璧。(けれど、わたしにとってはたばこの煙がつらい、というのが唯一の難点。)先週のある晩、ほんの少し、ちゃちゃっと食べたかった時、するりとお伺いしました。黒板を眺めつつ、アミューズにピンチョスをひと皿いただき、
111213ガスパチョ 450円は小ぶりのグラスで出てきます。持ち上げをやったらこんな。けれど持ち上げない方が質感がよくわかります。(-_-;) ソルベ仕立てなのです。シャリシャリと冷たい口当たり、ほのかな酸味が広がっていい感じです。おかわり、おかわり、おかわりって、あと3皿くらい欲しがりそうになりました。
21ポキートサラダ600円。そうめんかぼちゃがどさっとトッピングされて、その下は定番、ごろんと大ぶり野菜を和えたサラダです。定番のお皿です。
3132熊本産 桜肉ハラミあぶり焼き 1800円。肉が見えないほど野菜がたっぷり、そしてオプションのトリュフです。見ただけでうれしくて、頭の中でくす玉マークが10個ほどぱかーんと。馬肉のハラミ、噛んでじわじわぐいぐいとおいしいです。風味は微妙に違うけれど、牛肉にかなり近いと言えます。濃い赤ワイン絶対合います。気軽なバル風情で、このおいしさはえらい! と思うのです。

2008年9月 3日, dans 京都 スペイン料理 |