◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■「グランジ プラス」で午後の鴨コン | トップページ | ■ 「ケザコ」 2008年9月 »

2008年9月24日 (水)

■ 秋ヴァージョンになった「OKU」のおばんざいとパフェ


0a祇園の瀟洒なカフェ「OKU」で、秋ヴァージョンになったおばんざいとデセールです。まずお庭が望める席でいただいた「美山荘のおばんざい」 2300円。すべて「美山荘」で調理されて、真空パックで届きます。注文があるごとに、温めたり揚げたりの仕上げをこちらでするのです。ご飯と味噌汁(みょうがとお芋入り)と共に供された秋版おばんざいのデタイユいきます。
1a●小芋の霰揚げ 茸あんかけ。炊いた小芋に霰粉をまぶして揚げたもの。そこに舞茸となめこの餡がからみます。秋らしいわ♪
2a●風呂吹き大根の柚子白味噌。味のなじんだ大根に、まったりとろりんとした白味噌が予定調和的によく合います。
3a●筑前煮。野菜たっぷり、お味しっかりついて美味です。ご飯進みます。
4a●小かぶと水菜、しめじのお浸し 胡麻よごし。かぶはお漬物感覚でパリパリといただけます。小鉢ながら何とも粋です。
5a6a●ご飯に添えられたえのきの辛煮と、●お漬物も美山荘からです。以上、お昼だけでなく、閉店時間の19時まで終日いただけます。ていねいで美味、ゆったりいただけて、すばらし~♪
P1aわーい♪ 秋パフェも14日から始まっています。ピスターシュやナッツで香ばしいテュイールは紅葉形で、秋ヴァージョンとひと目でわかります。くるりとまわすとこんな↓
P2a●アイスクリーム2種類に、栗の渋皮煮、その下にカフェのジュレ、イタリア産の栗入りのピスターシュカスタード、フイヤンティーヌのパリパリ、底にくるみのブラウニー。栗の風味を前面に出しながら、カフェやスパイシーなシナモン香が響き合って、見事な味わいのトーンを作っています。
P3a●2種類のアイスクリームとは・・・美山の卵を使った濃厚なヴァニラと、シナモンです。このアイスクリームだけでも価値があります。
P4a●一瞬意外で「え?」と思ったのがこのカフェのジュレでした。2層目に控えていて、これだけでもひどく美味なのに、強いカフェ風味でもって、栗やピスターシュやシナモンの香味を絶妙に引き立てるアクセントとなっていました。パティシエ君やるなあ。香りのいいパフェ、豊かな気分になれる新作パフェでした。

2008年9月 24日, dans 京都 カフェ |