◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■夏の中華麺とパスタ、4軒 | トップページ | ■「祇園さヽ木」 2008年6月 »

2008年6月22日 (日)

■「鮨 まつもと」のお昼


ある日ハルナちゃんと、「お寿司食べたいよね」「食べたい食べたい」「松本さんのお昼行った?」「まだ行ってない」「行かないといけないよね」「うちに食べに来てくださっている」「わたしはうずら屋さんでお目にかかって、伺います! と言ったきり。ずっと行きたいと思っていて」。そんな風に一致して、祇園の「鮨 まつもと」さんでお昼寿司です。お昼を始められてすでに半年ばかり。松本さん夫妻は熱心な食べ歩き好きで、結構行く先でばったり会いしているのです。男前の松本大典さんに、奥さんの恵里香さんはかわいくてチャキチャキと元気いっぱい。祇園に開店して2年になりますがほんとうまく溶け込まれたと思います。お昼お手軽に、ということで10貫で5000円♪ 13貫8000円もあり、さらに注文でそれ以上のもしていただける様子です。

1_22_23_24_25_26_27_28_29_210_211_212_3「鮨」とひと文字、すっきりシンプルなのれん 昆布〆したかれい はりいか こはだ づけにしたとろ 大とろ しまあじ あじ ぐじ ほっき貝 穴子 干瓢巻きと玉子焼き。
仕事をされた端正なネタに、酢と塩でびしーーーっと決まった寿司飯がわたしにはひどく心地よく、ほとん胸のすくような喜びでした。すべてが冴えたおいしさでした。どれも、もう一貫! ってお願いしたかったくらい。感涙うるうるレヴェルで、江戸前ってやっぱりいいわと。関西育ちのくせに、わたし関西の甘い寿司飯がまったくダメなのです。鯖寿司やおいなりさんなんかは最高と思うのだけど、こちらの甘くてやわやわのにぎり(が大半です)は気持ち悪い。・・・なんて言ったらお寿司職人の方にも関西寿司愛好家の方にも失礼とは思うのだけど、あかんもんはあかん、ごめんなさい<(_ _)> ネタもわりとごそっと大きめなんてのが多いと思う。一貫で横から見てもバランスよく形美しく、口にすっと入ってほどよくほぐれて、って、東京ではそこそこのお店なら当たり前なんだけど、こちらではなかなかいいものに出会えないから、もうにぎりは食べなくなってしまいました。例外はうちの近くにある「寿司清」。けれどこれは東京のチェーン店です。でもチェーン店って侮ってはいかん。カリテプリを考えたらかなりいいと思うのです。結構東京にいる時から「ごく気軽普段寿司」として好きだったのよ。で、話戻って「鮨 まつもと」さん、5000円で東京のお寿司をお昼にサクッと食べられてめちゃくちゃいい気分、お得です。ハルナちゃんも「おいしいおいしい」を連発して、「もう1周できるわ♪」なんて。映画見だしたら立て続けに見たくなるように、ちょっとお寿司熱に火がついちゃったかも。
13_214「鮨 まつもと」
京都市東山区祇園町南側570-123
電話 075-531-2031
12:00~13:30、17:30~21:30(入店)
火曜休み(水曜昼もなし)

2008年6月 22日, dans 京都 寿司 |