◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■カレーの日々 「えいじ」 「冨美家」 「ムレスナティーハウス」 | トップページ | ■「ラニオン」でディナー »

2007年8月 4日 (土)

■鳥肉の日々 「トラットリ屋es」 「オンズ」 「ジォカトーリ」


1_2あんみつの日々でありながらカレーの日々でもあり、同時に鳥肉/鶏肉の日々でもあります。メニューに鳥を見つけたら注文せずにはいられません。昔、東京の家で青い小鳥を飼っていた時には「この子の親兄弟を食べるようなことはできまい」と思っていたのだけど、その子が死ぬなり長年の枷がはずれたのか、ワンワン泣きながらも「食べることが供養」とフライドチキン(←もちろん飼ってた鳥じゃなくて鶏肉の)を食べたわたしってどうかしている? 先斗町の「トラットリ屋es」で地鶏のオーブン焼き 900円。イタリアンで焼き鳥やさんというお店(何度か既出です)で、これはイタリアン担当者が焼いてくれたものです。他に鶏ともずくの酢の物、海老とブロッコリーのアンチョビパスタ、そんな組み合わせでいただきました。
2_2木屋町四条下ルの「ブラッスリーカフェ オンズ」でうずらの一枚開きソテー リゾット添え 1500円。 うずら独特のおいしさ、塩気もびしーっときいて、ワインがぶ飲みしたいようなひと皿です。リゾット付だからパンなしでもう十分・・・情けないことに、かつては痩せの大食いだったのに、今は量が食べられないのです。
3_2間之町二条下ルの「ジォカトーリ」で、ほろほろ鳥のもも肉 ローズマリー風味 1500円。これも香りがよくて、噛めばじゅうじゅう肉から旨みが溢れ出してくるっていう感じで、食べごたえあったわ♪ 鮎のオードヴル1品、そして自家製パンがいつものことながら非常においしくて全部いただき、あとはドルチェ(カタラーナ◎)で幸せに満腹・・・ありがとう。

2007年8月 4日, dans 京都 フレンチ京都 イタリアン06-07 |