◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■「プチレストランないとう」の朝食、お昼新情報、夜コース | トップページ | ■復活ご挨拶~おせち料理~夏の冷たい麺 »

2007年7月 9日 (月)

■季節ものいろいろ~花、料理、音楽祭、カクテル


1_353フローリストショップ プーゼ」の寺町二条の本店。今あじさいが多彩に揃っています。丸くて大きくて、店内のトーンを作っています。そしていつもと店内の香りが違うのです。夏の香りが鮮やかに満ちています。
2_334ひたすら「眺めのいいお店で和食」、という条件で食事です。高台ではるか大文字が望まれて、目の前にはお庭が広がっています。しばし気分転換になったお昼でした。
3_273ほがらかで楽しいステファン・パンテルの「ケザコ」、ちょっと驚きのすばらしさだとわたしは思うのです。本日は予告編。最近またコースをいただき感動しました。鮎について非常によく考えて構成したこのお皿、改めてコース全貌とともにお知らせします。
4_211いま毎晩京都ブライトンホテルで開かれているリレー音楽祭に、先週も伺いました。千住明さんはご自身の曲を、ピアノも指揮も軽々なさって、音楽が湧き出てくる様子に感嘆。聴きやすい音楽なのに緻密で美しくて、まったくなんという才能をお持ちなのでしょう。大変な盛況でした。
5_178これは佐藤錦をグラスいっぱいに入れて作っていただいたカクテルです。もともと美味な佐藤錦が、それ以上の粋な味になって登場。いつも通りばっちり決まる寺町二条の「カルバドール」でした。
6_156相も変わらず浮かれ狂ったアホな日々~! みたいだけど・・・実はわたしはハデに体調を崩して寝たきりの何日間かを過ごしていたのです。わたしの住まいからごく近い医院に朝行って診ていただいて「しんどい、苦しい、だずげでぐださい先生」と騒ぎ、また夜に這い下りて行って「頭割れそうです先生、な、なんとかしてください」と大騒ぎ。北欧ソファに収まっての点滴はモダンで快適! 看護師さんは「ファーストクラス並みにリラックスできるでしょ?」と。本当に 「シャンパーニュくださいな」 という感じで、お医者さんも変わったなあ、今はこうしてすごいもてなし♪ と感じ入りました。健康がいちばんなのは確かです。でも病気や怪我をしたら人の優しさが身にしみてうれしく、痛みや苦しみのピークを何とかやり過ごしたら、つらかったことも笑い話、大抵はいい思い出になります。
★しばしサイトの更新、毎日ではなく飛び飛びになります<(_ _)>

2007年7月 9日, dans 京都 洛中洛外あちこち |