◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■中華2軒 「中国菜 燕燕」/「四川」 | トップページ | ●東京都心あちこち(2) »

2007年6月12日 (火)

●東京都心あちこち


Midi_4全国100万人の読者の皆さま、わたしは東京にいるのです。あれほど寝ても覚めても京都を思った挙句に京都に移り住んだのに、少し落ち着くなり今度は東京が恋しくてしょうがなかったのです。京都のお菓子を大事に持って、3か月ぶりに東京へ。毎週のように移動していたのに、突然の人生のいろいろの激動で京都に留まらざるを得ず、もちろん十分過ぎるほど幸せな日々だったけれど・・・東京に戻ってきたら、すべては元通りで、なんだかこの半年に起こったあまりにもさまざまなことは夢だったみたい。東京に住む家はもうないのに、「戻ってきた♪」という感覚。また1週間ほど大好きな京都に行ったら、すぐにまたこちらに帰ってくるような感覚。わたしどうしたらいいのだ? やっぱり右往左往する人生か?
K1_3K2_3K3_2K4_2Sakatasan銀座にホテルを取って大喜びです。以前は当たり前のことで、何のありがたみもなく歩いていたのに、今では特別に懐かしくて歩いてうれしい銀座! 荷物を置くなり「GINZA Kansei」へ編集者の方とランチに伺いました。外苑前時代から取材でもお世話になっているお店です。トマトのパルフェをいただくということは、1週間前から決めていました。メイン料理に、ズワイガニとチーズのグラタンを選択、これはシェフの坂田幹靖さんのサイトにあったものです。あーっ、わたし載せられちゃったことをたった今発見、顔はさらさないという原則なんだが・・・わたしも坂田さん載せちゃうもんね♪ いつもにこにこ感じのいい坂田さん、4月にマダムと京都にいらした時、ちらりとお目にかかっていたのです。
C1_4C2_4C3_2C4_2シャネル銀座ビルディングの屋上のルーフテラスに6月1日オープンした「ル・ジャルダン・ドゥ・ツイード」のお披露目パーティへ。シャンパーニュやワイン、ちょっとした軽食がツイードを表現した瀟洒なテラスで楽しめます。なんて粋なんでしょう、やっぱり東京・・・。
「ル・ジャルダン・ドゥ・ツイード」 東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング ルーフテラス 電話03-5159-5500 雨天をのぞいて、木金土日祝 営業 11:30~23:00閉店
P1_1P2_41時間刻みのスケジュールをこなしながら、夜は代々木上原の「飄香」へ。以前「週刊文春」取材でお世話になったお店です。一緒に食べてくれた編集者のM さんは旅ロケを終えて来たばかりというのに優美でなおかつよく食べてすてき。これ何だかわかりにくいかしらん・・・スペアリブ、辛いが味が深い、かぶりついて食べたら骨までおいしい、たまらん旨い! センスよくて洗練されて、東京の味だ~~! コースでいただいてパーフェクトなおいしさを堪能しました。
この後、新宿伊勢丹の地下食料品売り場大リニューアルプレス内見会へ。全面的なリニューアル・・・ものすごい資本投下・・・さすが東京・・・。そしてプレス友達や知り合いに一挙にどどどーっと会えて、(箱ごと持って来た100枚入り名刺箱がほとんどカラに!)ほんとにほんとにうれしかったこと! 伊勢丹の集客力よ、そしてプレスの数の多さよ! ここは東京だ!

************************************************************
Br1Br2予告編です。昨晩はおなじみ京都ブライトンホテルの鉄板焼き「ひもろぎ」でコースをいただいたのです。盛大にフランベする料理長の川井照久さん、とてもていねいな仕事をしてくださいました。大満足だった食後、あけ~み=稀代のコンシエルジュ小山明美と、もう諦めて顔をさらすわたし、バー「MOONSHINER」で光るカクテルを飲んでいます。わたしたち仲よすぎか?? あけ~み、わたしの帰りを待っていてくれ~! この2軒については改めて詳しく。

2007年6月 12日, dans 東京 都内あちこち京都 ホテル |