◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■北野をどり / 「フローリストショップ プーゼ」出版記念パーティ | トップページ | ■骨折暮らし:気楽でおいしいひとりごはん »

2007年4月16日 (月)

■赤い包帯ありがとう!/メキシコ料理「エル・コヨーテ」


Bandage_rouge骨折暮らしも4週間になんなんとしています。出かける先々で白い包帯の手を振り回しては心配していただきかまってもらい、優しい心遣いをあふれるほどいただいて、怪我人生ずっとやってもいいか? と思うほど幸せな日々です。しかし実にしばしば言われることが、「赤い包帯したら~?」「赤い包帯ってないの?」「赤いリボンでもくくれば?」 ・・・確かになあ。もし包帯売り場に色とりどりの包帯があふれていたら、迷わず真っ赤な包帯をするところです。そんなことをあちこちで言っていたら・・・なんと!! 赤い包帯を贈られてしまったのです。こんなにこんなに意表を突かれたプレゼント、ちょっと今年最大級というか、赤いマカロン以来のことかもしれません。(左手で大変なんで探すのサボるしリンクも貼りませんが、1月のどこかに真っ赤なマカロンがあります!)さらに某フランスCa...で始まる有名宝飾ブランドの赤い紙袋から出てきたのは赤い包帯だけではなくて、名前の刺繍がされたものも!!! 開いた途端、ぎやーっと驚き喜び大うけしました。
23_4622_75これをプレゼントしてくれたのは「半兵衛麩」3女にしてきれいなきれいなお嬢、大好き玉置淳ちゃんです。わたしが怪我でめげないように考えてくれて、なんとうれしいことでしょう。幅違いの包帯を買ってきて染めてくれたそうで、刺繍はプロに頼んでくれたと。楽しくて大笑いできるから、みんなに見せずにはいられません。ちなみにこれは先日「B0CCA del VINO」で「岩手白金豚 Tボーン炭火焼 レンズ豆とサラダ」を食べてご満悦だったところです。
ChisaCarte_6そしてメキシコ料理「エル・コヨーテ」、普段まったく行かない類のお店に出かけてみたりするのも怪我ライフならではのことです。わたしのネイルケアをしてくれている宮咲知沙さん、ケア時間はすごい近接距離にいるからいろいろおしゃべりすることになるわけで、つい人生の不思議についてなど、この人相手にわたしはたくさん語ります。●起こる物事のすべてはよいこと。●すべてのことはモザイクみたいにはまって人生に意味と彩をなし、ありがたく思ってていねいに生きれば絶対いい方向に進むのだと思う。●骨折したからこそこんな新たな出会いがあってうれしい。なんていうおしゃべりに付き合ってくれる知沙さん、本当に優しい人です。サルサを踊る彼女の強いおすすめで、ある晩一緒に出かけて軽く食べた先斗町「エル・コヨーテ」、ウイークデーはメキシコ料理のお店、週末はサルサバーになるそうな。
1_2712_2673_22511_16013_105●チョリソー700円はぴりっと辛くて後を引きます。 ●サルサソースをつけて食べるトルティーヤチップス500円は、チップス揚げ立てで香ばしいこと。●タコス400円はチキンを選択。●ジャンバラヤ1000円は卵を崩しからめていただきます。熱々でお味ばっちりでおいしかったこと! いまわたしはアルコール断ちをしていますが、ビールぐいぐい飲んだら間違いなくおいしいと思ったのです。辛いうまい止まらん、人生はそんなに難しくない。お店を出てきたら、先斗町の細い道でお空見上げて、ばんざーいって思うよ~!
El_coyote「El Coyote(エル・コヨーテ)」 京都市中京区先斗町通三条下ル石屋町123-1 からふね屋ビルB1 電話075-231-1527 17:00~深夜 
サイトはこちら
http://el-coyote.main.jp




「のぞみ」に乗って京都へ行きましょう!

2007年4月 16日, dans ■ごあいさつ, 京都 その他ええ店 |