◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■スローダウン/撮影は快調です | トップページ | ■「WaSaBi」/「婦人画報」 2007年5月号 »

2007年4月 6日 (金)

■桜づくし


1_2662_2623_221全国100万人の読者の皆さま、京都の桜が見頃です! 腰を落ち着けてお弁当をひろげるというようないわゆる「お花見」には行けていませんが、それでも都にいる限りは桜の情緒を楽しめます。こちらは打ち合わせで使わせていただいた堺町御池下ルの「紫野和久傳」の茶菓席です。桜の花を浮かべたお湯でまずもてなしていただきます。階下で購入することもできるお菓子「夜さくら」がまた美しいものです。プレゼンテーションが端正で上品なことも、このお店の大きな魅力です。
12_15513_10011_155下木屋町の、ライトアップされた桜が今は盛りと咲き誇っています。夢幻のような美しさですが気温はきゅっと下がりました。「日本料理とくを」さんで春のお料理をコース仕立てにしていただき、東京からいらした編集者の方とゆったり楽しみました。わたしはお箸が持てない状態ですが、カトラリーをご用意いただき、やっぱりしっかり食べたのです。お椀はとりわけ色鮮やかで美味だった、うすいえんどう豆のすり流しです。椀だねの玉子豆腐がまた優しいお味でした。



21_8222_70「祇園さヽ木」の4月です。お椀の蓋の桜の美しいこと。こちらでもスプーンでいただいたのです。とんでもなく美味で意表を突かれたローストビーフの話をしなければいけません。ピッツァ釜で焼かれた塩釜ローストビーフ・桜風味。「祇園さヽ木」は1月~4月までアップできないまま画像が溜まってしまっています(-_-;)どんなに忙しくても非常事態でも骨の1本くらい折れていても絶対伺うのに、なんということだ~! 早くアップします!
31_6432_50こちらは桜でも桜海老。「カノビアーノ京都」で幸せなお昼をいただきました。目が覚めるように色鮮やかで、パリパリと香ばしかったのです。洛西塚原産筍のローストと沼津産ホウボウと桜海老のソテー。ついでに右側が赤もちとうもろこしとブルターニュ産うずらのリゾット。大好きなうずらが、これも非常に香ばしくて他のこと何も考えずにいただきました。全7皿(にドルチェ2品と飲み物)の中でとりわけ感動深かった2皿です。

「のぞみ」に乗って京都へ行きましょう!

2007年4月 6日, dans 京都 洛中あちこち |