◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« ■Ristorante t.v.b リストランテ ティ・ボリオ・ベーネ | トップページ | ■お花あれこれ »

2007年2月12日 (月)

■釜座御池に割烹、「岩さき」オープン


1_2372_2353_201今日は釜座御池上ルに先週オープンした割烹「岩さき」をご紹介します。ご主人の岩崎義則さんは「高台寺和久傳」「祇園丸山」と名門で修業をしてこられ、「柊家」では料理長を務められた方です。長年独立することを目標に頑張って来られ、2月8日、念願かなってご自身のお店を持たれました。女将の早江子(さえこ)さんが、フレンドリーでありながら非常にこなれた接客をなさるので、伺ってみると昨年12月までこの地で「亀乃子」という喫茶店をされていたということ。奥さまが生まれ育ち、お店をしていらした場所に、岩崎さんはお店を持たれたわけです。
11_13412_13013_9314_6415_5016_41オープンの翌日のお昼にいただいたメニューです。昼は3500円のおまかせのみです。 ●炙った松の実入りのおぶ ●食前酒 ●先附3種 ○白魚の土佐酢ジュレ、みょうが、花わさび ○とり貝、わけぎの酢味噌和え ○子持ち昆布、菜花、長芋たたき ●すっぽんスープの玉締め ●造りはよこわとおありいか ●胡麻豆腐、加減醤油 
21_6222_5923_3824_2425_1726_8●鰆のかぶら蒸し ●ご飯 ●漬物 ●女将の早江子さんの母上が炊かれたちりめん山椒 ●赤だし ●いちごとアプリコットのソルベ。 品よく優しいお料理でした。すっぽんスープでポカポカに温まり、生もの、冷菜ときてまたかぶら蒸しでホカホカに。3500円でゆったり過ごすお昼には十分な量とクオリティとおいしさだと思いました。
31_4532_37真新しいお店の内観はこんな風です。すっきりしたカウンターはなんとタモ材です。無印の家具でよく使われている素材♪  これだけでとても現代的な感じがします。奥には座敷の4人席があります。掘りごたつ式L字型カウンターで、なんだか仲間内でひどく寛げそうです。必ず夜にまたお伺いいたします。
41_1542_16仕事が詰まりに詰まっているので食後は飛んで帰り、いただいたおみやげをコンピュータの前で開きました。砂糖がけの紅白豆菓子♪ 余韻を楽しみました。
「岩さき」 京都市中京区釜座通御池上ル723 電話 075-212-7800 11:30~14:00、17:00~21:00 日曜休み カウンター7席、奥の座敷カウンター4席 昼3500円、夜5千円と8千円。サイトは http://iwasaki-jc.com

「のぞみ」に乗って京都に行きましょう!

2007年2月 12日, dans 京都 和食07前半 |