◎テクストや写真の無断での転用・転載・まる写しは 
ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

◎写真はクリックしていただければ拡大サイズで表示されます。
◎タイトルの前の記号: ■=京都 ●=東京 ★=その他の話題

« 祇園さヽ木 4月 | トップページ | ■虚無蕎望なかじん »

2006年4月30日 (日)

トラットリア・ニーノ


Nino1

先日の予告通り、京都「トラットリア・ニーノ」です。おいしかったおいしかった☆ 和食やイタリアンで新店がいろいろできて試食に回っていますが「?」な店が多く、間違いなくおいしいものを食べさせてもらえる店に向かったのです。こちらは気鋭のシェフのお料理が本当にいいし、心遣いの行き届いたマダムのサーヴィスがばっちりお店を支えています。赤チャリでわたしの京都の滞在地から5分もかからずに行ける近さもすてきです。Nino2_1 
Nino3Nino4Nino5Nino6Nino7Nino8お料理は上左端から①グリーンサラダ(オイル使いが冴えている!) ②桜海老のフリット(パリパリで香ばしかった!) ③ヴェネト産ホワイトアスパラガスNINO風・ふわふわ卵ソース(これは卵ソースがお見事!ふわふわ空気を含んで軽やかで、レモンオイルの香りがきいている。去年の暮れから何度かいただいて毎回より好きになる!) ④生パスタ・ブガッティーニ アマトリチャーナ(ストロ状のもちっとして噛み応えも心地いいパスタに、ベーコン、玉ねぎ入りの王道のトマトソース。たまらんおいしさ!) ⑤岩手の”サスケ豚”のロースト(このきめの細かさ、繊細な舌触りは豚とは思えない。仔牛みたいな感じ。赤い岩塩と共に) ⑥ピエモンテ風 焼きパンナコッタ(湯煎で火を入れたパンナコッタ。これもわたし癖になっていて、あまりに好きなんで集中して食べたくて、他のドルチェと(もちろんおいしいんだが)味が混じるのがつらいくらい) ⑦エスプレッソ。 
関俊仁シェフは本当に新しい素材やいいものを見つけてくるのがうまいと思います。勉強熱心なのです。東京のフーデックスに出かけたり、関西にはない乾麺を探し求めたりと常によりよい料理を目指して努力しています。夕食でひとりおよそ数千円くらい。
「トラットリア・ニーノ」 京都市中京区河原町通三条上ル恵比須町534-39 (姉小路東入ル) 電話075‐211‐3373 昼夜営業 水曜、第3木曜定休

2006年4月 30日, dans 京都 イタリアン06-07 |